今さら聞けない!家で外で大活躍な「スキレット」の正しい手入れ方法とは

少し前から“おしゃれに見えてSNS映えする!”と話題の鋳鉄製のフライパン“スキレット”。ニトリで販売された通称“ニトスキ”で一躍有名になりましたよね。焼いたり揚げたり煮込んだり蒸したり…。一般的なフライパンよりも用途が広く、いろんな料理ができるのが大きな特徴です。スキレットで調理した肉や野菜って、ほどよく食感を残しつつも味はしっかりしみ込んで美味しいですよね。

でもこの“スキレット”、とっても重宝するけど「錆びやすい」という声もよく聞きます。そう、一般的なフライパンと同じようなお手入れだと錆びてしまうんです。お手入れと言っても特別なことをするわけではなく、長持ちさせるポイントは、①洗剤を使わずタワシ洗い、②空焚き、③油塗りの3つだけ。今回はそんな “いまさら聞けないスキレットの正しいお手入れ方法” を、簡単アウトドア調理法と合わせてご紹介します!

 

【次ページ】食材をカットして調味料を入れるだけ!

関連するキーワード