[道具の定番]ル・クルーゼの「シグニチャー ココット・ロンド」で炊く白ごはんは格別!

■定番カラーのオレンジ色などカラーリングも魅力

ル・クルーゼの鋳物ホーロー鍋と聞いて最初に思い受かべるのが、やっぱりこのオレンジ色の鍋。

1925年に同社が初めて世に出した鍋がこのオレンジ色なのだそう。また、ル・クルーゼの母国であるフランスでは、チェリーレッドが一番人気。ほかにも、ホワイト、クインスイエロー、フルーツグリーン、シフォンピンク、マットブラックといったように、カラーのバリエーションが多いのもル・クルーゼの特徴です。

そもそも、鋳物ホーローは熱伝導率が高く、ゆっくりムラなく熱が入ることで、食材を煮崩れさせず、甘みやうま味を引き出してくれます。また、蓄熱性にも優れているので、料理が冷めにくいのも魅力です。

ドーム型のフタは、鍋の中で熱と蒸気が食材を包み込むように設計されています。フタをよく見ると、3か所に小さな突起があり、ここから均一に蒸気が抜けることで、素材の雑味を外に逃がし、うま味を引き出すようになっているそうです。

今回、筆者が使ってみていいなと感じたのが、フタのつまみ。普段使っている鍋は鍋掴みを使わないといけないタイプだったので、熱くならない樹脂製のつまみの使い勝手の良さに感心しました。さらに、250℃までのオーブン調理にも対応しているので、鍋をオーブンにそのまま入れて調理できるという利点もあります。

ちなみにル・クルーゼの鋳物ホーロー鍋は、直火、IHクッキングヒーター、オーブンに対応しています。また、食器洗い機も使えるので、幅広い生活シーンに適応した鍋だといえそうです。

【次ページ】ごはんを炊くのも得意なんです