[道具の定番]ル・クルーゼの「シグニチャー ココット・ロンド」で炊く白ごはんは格別!

■ごはんを炊くのも得意なんです

最近は鍋でごはんを炊くのもちょっとしたブームだったりしますよね。ル・クルーゼももちろんごはんを炊くのが得意です。

炊飯量の目安は、米1合(180cc)に対して、水1カップ(200ml)が基本。今回は20cmの鍋を使用して3合分を炊いてみました。

まずははお米を洗い、20分ほど浸水させます。浸水後はザルにあげ、水気を切りましょう。

続いて、鍋に米と分量の水を入れ、フタをして中火にかけます。このとき、強火にするのはNG。“炎が鍋底の中央部分のみに当たっている状態”にしましょう。

中火にかけてしばらく待つと、沸騰し始めます。今回は12分ほどで沸騰しました。沸騰しているかどうかわからないときは、フタを取って確認しても構いません。

沸騰後は弱火にして、10~13分炊きます。弱火とは、“炎の先が鍋底までかなり空いている状態”です。炊き終えたら熱源からおろして、フタをした状態で10~15分蒸らします。

お米の浸水時間を含めると、ここまでで約1時間。火加減もさほどこまめに調整する必要はないので、意外と簡単です。

【次ページ】甘みが際立つつやつやのごはんは冷めてもおいしい