懐かしのパンナムを蘇らせるブライトリングの最新コレクション

1950年代から1960年代にかけて黄金期を迎えた 商業航空界。そんな中、ブライトリングのオンボードクロノグラフは、プロペラ機にはじまり、ジェット機にまで搭載されてきた。

そんなブライトリングが1952年に発売したリストクロノグラフのナビタイマーが、パイロットの間で人気を博したのは自然な流れと言えるだろう。

▲サファイアクリスタルのケースバックにプリントされているのは航空史上でも特によく知られたロゴだ

今回発売される「ナビタイマー 1 B01 クロノグラフ 43 パンナムエディション 」は、 何十年もの間、 商業航空界を席巻し、営業を中止した後も人々に空の旅の興奮を忘れさせることのなかったパンアメリカンワールドエアウェイズ(通称パンナム)を祝福したモデル。

ステンレススチール製ケースにブルーのダイアルとシルバーのサブダイアルの組み合わせが特徴。ベルトはヴィンテージ風のブラウンレザーストラップ、ブライトリングエアレーサー・ブレスレット、またはステンレススチールメッシュ・ブレスレットから選べる。

1960年代から1970代に流行した若々しくクールなデザインに焦点を当てたモデルに仕上がったカプセルコレクション。2019年4月から、期間限定でブライトリングブティック、正規販売店で販売される。

>> BREITLING

 


[関連記事]
エアラインをモチーフとしたブライトリング、第1弾はスイスエア

ブラックケースが腕元を精悍に彩る!ブライトリング ブティック 大阪10周年記念モデル

平和の象徴?世界で最も“付加価値のある金属”で作られた時計とは?


(文/&GP編集部)

トップページヘ