5/3開店! 二子玉川の新名所「蔦屋家電」はどんな店?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「蔦屋家電」は、「代官山蔦屋書店」や「湘南T-SITE」などのコンセプトストアを生み出すカルチュア・コンビニエンス・クラブが手掛けた新たな家電店だ。そんな話題のスポットの内覧会が4月30日と5月1日に開催された。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

店内は2フロアに分かれており、人文、衣、食、住、デザイン、旅行の6ジャンルで構成される。各コーナーに専任のコンシェルジュが常駐。このあたりは、これまでのコンセプトストアに近い形態だ。

「ワークスタイル」がテーマの1Fフロア

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 1Fはワークスタイルの提案を行うフロア。iPhoneやApple Watchなどを扱う「蔦屋家電 Apple Authorized Reseller」があり、ここでは端末の販売だけでなく、修理サービスなども受け付ける。オープン当初はiPhoneのサポートのみだが、他のApple製品のサポートにも順次対応予定だ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 店内中央には、3キャリアのなかから自分に合うiPhoneを提案してくれる「モバイル」コーナーもある。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA「ネットワーキング」コーナーでは、Surfaceシリーズやパソコン、周辺機器なども多数用意。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA「写真」コーナーは、カメラの販売だけでなく、プリントサービスも充実。写真を使ったスマホケースだけでなく、親子で楽しめる缶バッチの作成なども可能だ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「映像」コーナーでは、4Kテレビをはじめとする、TV、レコーダーなどの家電が並ぶ。「すべてのテレビで同じ映像を流すことで、お客様の好みの一台を見つけていただきたい」(店員談)といった、細やかな工夫もみられる。その隣に「文具」コーナーがあるのも、蔦屋家電ならではの感性だ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「音楽」コーナーは、CD/レコードの販売、レンタルに加え、オーディオ家電を販売。ヘッドフォンはシーン別に陳列されている。

次のページへ

関連するキーワード