世界の絶景をあなたの部屋へ!「デジタル窓」

元任天堂の2人が設立したアトモフ社が開発したこのAtmoph Window、平たく言えば27インチの縦型ディスプレイ。そこに世界中で4K撮影された独自の映像200本以上が、高音質のサウンドと共に流れるのだ。世界各地のライブストリーミング映像をリアルタイムで配信予定で、最初から入っている映像とは別に追加の映像を簡単に購入、ダウンロードできるという。

時計や天気予報、カレンダーなどの情報を映像に重ねて表示することもできるし、Googleカレンダーに入れた予定を自動同期することも可能。時間による映像の自動切り替え、鳥の声などを使ったアラーム機能などの便利な機能も搭載予定。壁にかける他、床に置いたり、デスクに並べたりと、置く場所も自由自在だ。

小鳥のさえずりで目を覚まし、窓の外には美しい新緑の森がどこまでも広がる……なんて夢を叶えてくれる未来派アイテムだ。気になる支援価格は399ドルからだが、すでに予定人数に達しているため、現在は499ドル〜の支援を受け付けている。なお、通常販売価格は699ドルの予定。

【Atmoph Window(アトモフウインドウ)】
27インチディスプレイ (1920x1080、ノングレア)
1.5GHz クアッドコア ARM Cortex-A5
H.265ハードウェアデコーダ
1GB DDR3メモリ
32GBストレージ
近接/明るさセンサー
Wi-Fi 802.11b/g/n (2.4 GHz)
3Wフルレンジスピーカー
サイズ: W380xH640xD55mm
重量: 4.9kg
電力: 30W

(文/&GP編集部)

トップページヘ