人と違うスーツケースが欲しい!なら「和柄」ってどう?

バッグ & ラゲージの世界的ブランド “ace.” から、伝統的和柄「四崩し」をモダンにアレンジし、オリジナル文様をあしらった特別なデザインの国産スーツケースが登場しました。

コンセプトは最適形状、最適デザイン。そして “日本の美意識、感覚、精神を受け継ぐ最適な「モチハコブカタチ」を創出し、すべての人々の移動を快適にする”としています。無駄に華美にならず、使いやすいバッグが特徴です。

20170110_ace_02

今回の「和柄のスーツケース」も、日本特有の造形美や機能美からインスピレーションを受けた日本らしい美意識を感じさせるデザインを取り入れたとのこと。

和算で用いられた計算の道具で「算木文」というものがあり、それを崩したような形状から「算崩し」「算木崩し」と呼ばれるデザインが生まれました。やがて、3本ずつ縦横に石畳のように配列したものを「三崩し」、4本のものは「四崩し」と呼ばれるように。

カーブ部分に施された繊細なリブデザインは、茶道具の“茶筅”からインスピレーションを受けています。素材は、高い耐衝撃性と柔軟性とを併せ持つポリカーボネートABS混合樹脂を採用。走行時の体感音量を大幅に削減したサイレントキャスターを装備しています。

20170110_ace_03S(品番04081)は、54×36×25cm/※機内持込み対応できる大きさになります。
M(品番04082)は、72×52×28cm
L(品番04083)76×53×28cm

価格はSが3万4560円、Mが4万2120円、Lが4万4280円。2016年3月からの発売となります。

>> ace.


[関連記事]
もう邪魔とは言わせない!スリムなのに大容量なスーツケース

旅に仕事に使いたい!機内持ち込みサイズの人気モデルに限定カラー

伝統のダブルリブをその手に!軽くて頑丈なゼロハリiPhone 7ケース


(文/&GP編集部)

トップページヘ

関連するキーワード