「スターバックス リザーブ ロースタリー」が実現する“五感“で楽しむコーヒー体験【特集「コーヒー空間学」】

一歩足を踏み入れると、その開放的な空気にワクワクする。そしてコーヒーやパンの香りが鼻をくすぐる。スターバックスとしては世界5店舗目となる話題の新店「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」(以下ロースタリー)には、コーヒーをテーマにした特別な時間を過ごせる空間が存在する。まさに五感で楽しめる、めくるめくコーヒー体験が提供されている。

 

■スターバックスが考える店舗デザインとは

ロースタリーに一歩足を踏み入れると、巨大なロースターと銅製のキャスク(貯蔵樽)が目に飛び込んでくる。窓の前に作られた大きく開放的なカウンターでは、バリスタたちが腕によりをかけてコーヒーをいれている。


 

【次ページ】コミュニケーションを取りながらコーヒーを楽しむ空間づくり