【デジカメ最新情報】独創的すぎるミラーレス一眼「SIGMA sd Quattro」の実態は?

 

sigma sd

SIGMA sd Quattro

image02

SIGMA sd Quattro

 

デモ機を間近で見ると、四角い箱型ボディに、突き出した円筒形のマウント、大きなグリップ、ファインダーが目立ちます。他社が全体的に小型軽量化や、手になじむ丸みあるフォルムに向かっているなか、かなりの異彩を放っています。

 

SIGMA sd Quattro

オンオフのスイッチがマウント部にあるのも面白い

SIGMA sd Quattro

ファインダー位置は右寄り。グリップの右下部分が浮きあがっているのがデザイン上のポイント

 

持ったときの感触は?

手にすると「ミラーレス一眼は小さくて軽い」という従来のイメージがくつがえるボリューム感。

SIGMA sd Quattro

両手でしっかり構える撮影スタイル。グリップは指にフィットして握りやすい

 

ミラーが搭載された一眼レフだと、シャッター時にミラーが跳ね上がる振動(ミラーショック)でブレが起こることもあるため、ミラーレス化の道を選択したとのこと。

レンズを装着すると、なかなかの重量に。

DSC_0227 のコピー 2

次のページへ

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連するキーワード