“こいつ、動くぞ!” 動画で振り返るホビーショー【第57回静岡ホビーショーレポート】

■見ているだけでテンションが上がる戦車

タミヤ
「1/35 RCタンクシリーズ マークIVメール」(価格未定・今秋発売予定)
「1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車」(価格未定・今夏発売予定)

▲「1/35 RCタンクシリーズ マークIVメール」

タミヤの新作として展示していた新旧のラジコンとプラモデルの戦車も実によく出来ていました。ラジコンの「1/35 RCタンクシリーズ マークIVメール」は時速6kmで走行していた昔の実車輌と同様にのんびりと走行します。まるで陸亀のように進む姿は見ているだけで心が和みます。

▲「1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車」

また、プラモデルの「1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車」はフロント側の2軸のステアリングが実車輌さながらに可動。タイヤと連動して動くメカがそそります!

マークIVメールは第一次対戦中、イギリス軍が実戦投入した史上初の量産型戦車。商品の履帯はひとコマずつはめ込んで組み立てます。じっくり製作を楽しめそう。また、16式機動戦闘車は陸上自衛隊への配備が開始されたばかりの最新鋭車輌。商品のゴム製タイヤにはトレッドパターンがリアルに再現されています。

 

■ノスタルジックな木製電車も新たに“出発進行”!

ウッディジョー
「懐かしの木造電車&機関車」各2160円

城郭や船舶などの木製モデルを手掛けるウッディジョーでは、2018年から鉄道模型のアイテムをスタートしています。ホビーショーではその最新モデル「懐かしの木造電車&機関車」が展示されていました。車体は、大正から昭和初期の木造車両をイメージしたオリジナルのもの。

木製の車体は、レーザー加工で作られたパーツを組み立て作ります。通常の鉄道模型とは異なるノスタルジックな走りは、いつまでも見ていたくなるほどです。ウッディジョーでは車両だけでなく、木製の駅舎もラインナップ。木製シリーズだけでレトロなシーンを再現して楽しめます。

ウッディジョーの同シリーズは車体のみで、走行させるのは、KATO製の動力ユニット(2160円~)や台車(324円~)を取り付けて遊びます。

■滑走路不要の新鋭機体を再現したVTOL型ドローン

ハイテックマルチプレックス
「FIGHTER-X520」(RTFキット:2万7000円/RTFキット(FPVカメラ付き):3万4020円)

空飛ぶラジコンに関しても新製品が登場しています。ハイテックマルチプレックス「FIGHTER-X520」は、滑走路が必要ない垂直離着陸が可能なVTOL型機体を再現したラジコンで、ヘリのように垂直離着陸が可能な垂直モード(V-Mode)をはじめ、シーンに合わせて多彩な操縦スタイルに対応。例えば、その場でグルグルと旋回し続けることもできるんです。FPVカメラ付きのモデルは、機体にカメラが備わり、飛行中における機体目線の映像を外部機器で楽しめます。6月発売予定。

ウィングスパン(横幅)が520mmの両翼は耐久性に優れて、破損しにくいEPP素材。飛行時間は約10~12分。飛行用充電式バッテリーで動きます。

■今度のハンドスピーナーは飛行するのが新しい!

ハイテックマルチプレックス
「フライングハンドスピーナー」(3650円)

昨年話題を集めたハンドスピーナーに、なんとプロペラが付きました! その名も「フライングハンドスピーナー」。電源をオンにすると、しばらくして3つのプロペラユニットが回転。その場で勢いよく回り始め、その状態から上や横に機体を投げるとフライトさせられるんです。6月発売予定。

垂直に上げる“サスペンデットモード”や、30度上に傾けて飛ばす“ブーメランモード”など、4つのモードで遊べます。可動時間は約4分。ブラック、ホワイト、レッドの3色展開。電源は内蔵の充電式バッテリー。

 

■モデルガンのカートリッジを素早く充填!

東京マルイ
「スピードローダー」(価格未定・近日発売)

最後に、ホビーショーの会場中央で多数のモデルガンを展示していた東京マルイの新作を紹介します。数ある商品が並ぶ中で発見した「スピードローダー」は、6本のカートリッジを一気にモデルガンへセットできるんです。通常は1本ずつ充填しなければならず、それに比べると格段にスピーディ! 普段モデルガンに興味がない人でも、この仕組みは鳥肌モノ!

東京マルイが展開しているエアーリボルバー パイソンシリーズの「.357カートリッジ」専用。付属のホルダーを併用することで、6つのカートリッジを素早く確実にホールドできるほか、銃のローダーにワンタッチでセットできます。サバゲープレーヤーは要チェックでしょう。

*  *  *

いかがでしたでしょうか。画像のみでは分からない新製品の詳細が、動画によって理解できたかと思います。まさに百聞は一見にしかず! いずれも新製品なので店頭で実際に触れられるのは少し先になりますが、発売される際には見応えのある動きやギミックを、その目で確かめてみてはいかがでしょうか。

 


[関連記事]
「西部警察」から「ダッシュ1号」まで。 ‘80年代の名車ホビー列伝【第57回静岡ホビーショーレポート】

テレビで見たことある!機動隊の特別車両がリアルなミニカーに

箱スカワゴンもあるぞ!ホットウィール最新コレクションがアツい!


(取材・文/ナゴヤリュータ)

トップページヘ