後付けできる!温水洗浄便座に浄水器を付けてお尻にやさしく

私たちの使う水道水を安全なものにしてくれる塩素。ですが、どうしても水道水に残ってしまう残留塩素は、肌のうるおいを保つために大切な保水力や保湿機能を低下させ肌荒れのもととなるだけでなく、喘息やアトピー性皮膚炎を誘発するといった害もある成分です。

多くの家庭ではこの残留塩素を除去するために水道の蛇口や風呂のシャワーなどに浄水器を取り付けているかと思いますが、お尻を洗う温水洗浄便器の水までは意識していなかったという人も多いのでは。しかし、直接体内に入ってくる可能性も高いこの温水洗浄便器の水も、水道やシャワーと同じくらい残留塩素に気を使いたいものです。

▲専用の工具なしで取り付け簡単

そこで役立つのが温水便座に取りつけられる浄水器「クリンワシュレ」。残留塩素を徹底カットしてくれ、デリケートな私たちのお尻を塩素の害からしっかり守ってくれます。日本食品分析センターが行なった検証では、本製品を通過後の水から検出された残留塩素はゼロという実力だそう。

各メーカーに対応するアタッチメントを付属しているため、今使っているタンクタイプの温水洗浄便器に誰でも取り付け可能。カートリッジ交換時期の目安は1日20回使用した場合は約6カ月で、カートリッジの交換もフタを開けるだけの簡単仕様です。

価格は本体とカートリッジのセットで送料込み2万6500円。家族の健康のために、ぜひ導入したいアイテムですね。

>> ジェイ・キュー・ウェイ「クリンワシュレ」

 


[関連記事]
いつもおいしくて安全な水が飲みたい!

外出先でも水道水があっという間に美味しい水に

バクテリアの除去率99.9999%!紫外線で水を汚染から守る浄水器


(文/&GP編集部)

トップページヘ