iPhoneの動画を、わずか172gの超小型プロジェクターで楽しめます!

▲三脚は別売り

モバイル・プロジェクター「PicoCube A(ピコキューブエース)」(3万4500〜 円 12月17日現在)が、クラウドファンディングサイト・machi-yaにて発表されました。プロジェクターながら、Androidを搭載している本機。YouTubeをはじめ、Netflix、Hulu、TVerなどの映像をスマホ(iPhone・Android) やタブレット(iPad)無しに、プロジェクター単独で、しかも大画面で映画や動画が観られます。

そして、Androidですので、アプリのダウンロードが可能というのがポイントです。料理レシピアプリやInstagramなどのSNS系アプリなどが利用できるわけです。

Bluetooth対応のワイヤレスマウスやキーボードの利用も可能。これにより、アプリの操作や入力が簡単になり、より快適にプロジェクターを操作できるようになりました。

また、USB-Aを搭載しているので、通常の有線式マウスやキーボード、USBメモリなども直接対応しています。つまり、動画ファイルなどを外部ストレージで持ち歩けばネット環境がなくても、大容量映像を楽しめるのです。

iOS専用の有線ミラーリング機能もあるため、純正Lightningケーブルをつなぐだけで、iPhoneの画面を簡単に投影できます。

投影するだけだけが機能だった従来型プロジェクター。その概念を大きく変えてきたニュータイプな「PicoCube A」。いうなれば、スマホとプロジェクターのいいとこ取り+小型で扱いやすいアイテムというところでしょうか!
12月17日現在、「PicoCube A」1台3万4500円から支援受付中。他にも2台セットやポーチ、バインダーがセットになったコースも用意されています。

>> machi-ya「PicoCube A」

 


[関連記事]
ハンディサイズのプロジェクターがあればネット動画の視聴スタイルが変わる!

YouTubeやNetflixをどこでも大画面で楽しめます

缶ビール?ジュース?いえいえ、最大100インチのサイズで投影してくるプロジェクターです


(文/&GP編集部)

トップページヘ

関連するキーワード