タープ用ポールを短くしたらメリットがいっぱいありました!

直径を従来品より3mm太くし、収納サイズを考慮して6本分割式を採用したことでコンパクトに。バイクへの積載やバックパックへの収納が格段にしやすくなった。しかもアルミ合金を使用することで、1セット2本入りで約1kgと重さも抑えているのもありがたい。

メリットはコンパクトさだけではない。6本継ぎになったため、5段階の高さに変更が可能になっているだ。連結するポールの本数を変えることで、約71cm / 104cm / 137cm / 170cm / 203cmと調整できる。しかも連結はボタン式のため、組み立ても簡単。

丈夫でコンパクトになった「コンパクトタープポール」は、標準付属のキャリーバッグに入れて運搬できる。ソロ用タープを支えるメインポールとしても、大きなテントのキャノピー部分を支えるサブポールとしても、さまざまな場面で活躍してくれそうだ。

>> DOD「コンパクトタープボール」

 


[関連記事]
ヨーロッパ由来のツーリングテントで春のキャンプに備えよう!

何枚も連結できるタープなら日陰の広さも自由自在!

これいるわ!ワンタッチタープの弱点をガッチリ補強


(文/&GP編集部)

トップページヘ