ハンドルのLEDがナビしてくれる未来派自転車がカッコいい

自転車本体には、ジャイロスコープ、加速度センサー、磁気計、スピードセンサー、GPSレシーバーなどを装備。スマホとはBluetoothで接続し、スマホ内のナビと連動し曲がり角ではハンドルのLEDが進行方向に向けてピカピカと光り、目的地へと誘導してくれます。

turnbyturn_left

あらかじめナビを設定しておけば、曲がる時はハンドルに内蔵されたLEDが光って進行方向を教えてくれる。左が光れば左折、右が光れば右折、両方光ればUターンだ。ハンドル下側には充電用の端子があり、1回の充電で最大1週間もつ。また漕いでもバッテリーの充電になる

route_suggestion

ナビはスマホで設定する

また搭載しているセンサーとスマホが連動し、日々の消費カロリー、移動距離、平均時速などのデータを専用アプリで管理。

ride_metrics

盗難時には自転車の位置が特定できる追跡機能や、背後から車が近づいてきたら教えてくれる死角モニターなど、楽しい機能から安全機能まで装備しています。スマホ経由でネットに接続していることで、さらなる進化も予測されているとか。

new_blindspot

背後から何かが近付くと、ハンドルを震わせて教えてくれる

「valour」は自転車本体のスペックもかなりのもの。ハイエンド仕様自転車では必須のフルカーボンフレームを使用し、圧倒的な軽量化を実現。長距離走行時には身体へ負担を大幅に軽減します。

build_black_red

カラーはフレームが黒と白の2色、リムが黒、赤、白の3色から選べる

現在、クラウドファンディングサイトMakuakeにて支援を募集中。気になる価格は、23万8400円だ。

vanHawks「valour」>> https://www.makuake.com/project/vanhawks-valour/

関連記事:スマホでOK!世界に一台だけのマイチャリを作ろう

(文/&GP編集部)

トップページヘ

関連するキーワード