知ると得する!格安SIMに向く人、向かない人の見分け方

井上 晃(井上)「格安SIMの注目度がだいぶ高まりました。村元さんと今西さんは、既に格安SIMでスマホを運用しているとのことですが、実際のところ格安SIMってどうですか?」

 

P1050310

スマホ記事を担当する3名。左から井上 晃、今西絢美、村元正剛

 

村元正剛(村元)「ダメですね」

今西絢美(今西)「そんなド直球な!(笑)」

村元「格安SIMを提供している事業者(MVNO)には、ベンチャー系の小さな企業が多いですからね。変なところを選ぶといきなり会社がつぶれてサービス停止になる可能性だってありますよ。5年後に続いているところは限られるんじゃないかな」

今西「あーなるほど。もし選ぶなら『OCNモバイルONE』とか、『楽天モバイル』とかある程度大手が提供しているサービスが良いってことですね。プロバイダーとしてのノウハウも持ってますし」

村元「そうそう、あとは『IIJmio』とか『BIGLOBE SIM』とか、MVNOの中でも老舗っぽいところなら比較的安心かな。まぁでも一番安心なのはやっぱりキャリアで契約することだと思いますよ」

井上「なるほど。今西さんはどうですか?」

今西「私は格安SIMもアリだと思います。使いかた次第ですけど、キャリアで使う場合より、月額料金を1/3程度に抑えられるのも事実だから。節約志向なら検討して良いのではないかと」

井上「3GB/月の通信量が使える音声通話プランの相場が、大体月額1700円(税込)+通話料ですからね。ちなみに、格安SIMをメインの端末用で運用しても大丈夫だと?」

今西「うん、私は大丈夫だと思いますよ。最近は格安SIMでも『端末補償』のオプションとか、トラブル時のサポート体制づくりをしているサービスも増えてきましたから」

村元「えー、どうかな。端末補償があっても、キャリアみたいにサポートショップが身近にあるわけじゃないからね。いざスマホが壊れたときに『代替機を用意するのにあと何日かかる』とか言われたら困っちゃうでしょ」

今西「ホームページをよく見て『当日中に手配してくれる』って書いてあるかどうか確認しなきゃいけませんね。こういう確認を自分でしなきゃいけない手間はありますね。井上くんはどうですか?」

井上「んー、記事を書くときの検証でよく格安SIMを使ってますけど、実効速度とかはやっぱりキャリアの方が良い気がしますね。マニアックですが、PINGの計測値にも差がありますよ」

今西「あー、確かに。格安SIM回線でSNSとかを開こうとすると、すごく時間がかかるときもあるなぁ。快適に使えるかどうかは、時間帯や場所によって差が大きいかも。このあたりのデメリットを理解したうえでどこまで妥協できるかが、格安SIMを選択すべきかどうかの判断指標になりそうですね」

次のページへ

関連するキーワード