機能で選ぶ?それともデザイン?最新アウトドアウォッチ10選【特集「Go Nature!」】

【洗練されたデザインが目を引くダイバーズウォッチ】

ダイバーズウォッチは、深海での活動に耐えうる防水性や耐久性に加え、スポーティなイメージもあって常に人気が高いジャンルだ。最近は洗練されたデザインも増え、さらなる魅力も獲得。確かな性能と都会的な雰囲気を併せ持つ時計なら、スマートにアウトドアを楽しみたい人に最適だと言えるだろう。

6. 名作ダイバーズをタウンユース向けのデザインにアレンジ

セイコー
「プロスペックス LOWERCASE STBR023」(4万8600円)

1975年に誕生し、独特な外胴プロテクターで人気を博した名作ダイバーズを、LOWERCASEの梶原由景氏がタウンユース向けにアレンジ。高い性能を保ちつつ、従来モデルよりひと回り小さいケースサイズに生まれ変わった。すっきりと腕に収まる、スマートなダイバーズウォッチだ。

【SPEC】
・ケースサイズ:約W42.7×H43×D11.5mm
・ケース素材:SS
・ムーブメント:クォーツ
・防水性能:200m潜水用防水

▲ストラップは海水や汗で劣化しない強化シリコン製。通常モデルよりも短い仕様で、細い腕にも収まりやすい

▲コンパクトなケースながらも、本格的なダイビングに対応する200mの空気潜水用防水性能を備えている

▲ソーラー充電機能を備え、ダイヤルで受けた光を電気エネルギーに変換。フル充電なら約10カ月間駆動する

▲シリーズの代名詞とも言える外胴プロテクターはそのままに、サイズとデザインを変更。逆回転防止ベゼルも備える

 

7. “水のカタチ”をスマートなデザインで表現

オリス
「アクイス デイト レリーフ 43.50 MM 1.713インチ」(23万4000円)

▲グレーの文字盤は、嵐の海の色がモチーフ。落ち着いた色合いながら、海の荒々しさを表現している

水の感触と色にインスパイアされたデザインを採用。ベゼルに配した浮き彫りのダイビングスケールで、水の質感を表現している。30気圧防水や逆回転防止ベゼル、蓄光インデックスなど、性能やディテールも本格派だ。

【SPEC】
・ケースサイズ:直径約43.5mm
・ケース素材:SS
・ムーブメント:自動巻
・防水性能:30気圧

 

8. 洗練されたケースデザインに本格潜水機能を集約

シチズン
「エコ・ドライブ アクアランド200m プロマスター30周年限定モデル」(8万6400円)

冒険者に向けた「プロマスター」シリーズの30周年記念モデル。独自のアナログ水深計を搭載し、現在時刻を表示しながら最大70mまでの水深も針で指し示す。充電量計や水感知センサーなどを備えた本格仕様ながらデザイン性も高い。

【SPEC】
・ケースサイズ:直径約46.1×D16.4mm
・ケース素材:SS
・ムーブメント:クォーツ
・防水性能:200m潜水用防水

▲インデックスや針は視認性が高いすっきりした形状。夜光は、時刻と水深を判別しやすいようブルーとグリーンに色分けしている

 

9. 機能美あふれるダイヤルをストラップでカジュアルに

ジン
「206.ST.AR」(57万2400円)

独自の除湿機構を備えた歴史的モデルの流れを汲むダイバーズ。スクリュー形状のプッシュボタンは実は非ねじ込み式だが、二重パッキンで高い密封性を確保。レザーストラップの赤いステッチがさりげないアクセントとなっている。

【SPEC】
・ケースサイズ:直径43×D17mm
・ケース素材:SS
・ムーブメント:自動巻
・防水性能:30気圧防水

▲独自の除湿機構 “Arドライテクノロジー” は、特殊乾燥剤を充填したドライカプセルなど3種の技術でムーブメントを水から守る

 

10. 端正なルックスが目を引く 特殊仕様ダイバーズ

ミドー
「オーシャンスター ダイバー600」(21万9240円)

海底探索のために設計された高性能モデル。深海ならではの特殊な環境でも作業できるよう、ベゼルにルミノバグレードXを塗布して視認性の高さを確保。COSC認定ムーブや80時間パワーリザーブなど、本格派の仕様が随所に光る。

【SPEC】
・ケースサイズ:直径約43.5×D14.5mm
・ケース素材:SS(DLC加工)
・ムーブメント:自動巻
・防水性能:60気圧

▲深海での特殊作業にも対応する60気圧(600m)の防水性能を備える。ヘリウムガスエスケープバルブも搭載する

>> 【特集「Go Nature!」】

本記事の内容はGoodsPress5月72-75ページに掲載されています

[関連記事]
高級キャンピングカーは極上の“移動ホテル”だ!【特集「Go Nature!」】

アウトドアで大活躍!機動力重視の最新ミラーレス一眼4選【特集「Go Nature!」】

快適!オール電化キャンプを成功させるオススメアイテム20選【特集「Go Nature!」】


(取材・文/高橋 智 写真/湯浅立志<Y2>)

トップページヘ