使える小技がいっぱい!Wordの機能を活用して正しい文書を作るコツ

見直しをしても起こってしまうWord原稿の誤字・脱字。同僚と共有する議事録くらいなら、ある程度の原稿の不備は許容の範囲内かもしれません。しかし、顧客に提出する資料に文章の間違いがあると、自分自身はもちろん、会社の評判まで落としてしまう恐れも。人が作るものなので、ミスを完全にゼロにすることは無理かもしれませんが、Wordの設定の見直しや機能を使うことで、ある程度のミスは減らすことができます。

ここでは、執筆業で生計を立てているWord命の筆者が、Word2016の機能を活用して正しい文書を作るコツをご紹介します。

【次ページ】誤字・表記ゆれを防ぐ「スペルチェック機能」は常時ONに

関連するキーワード