復活のYASHICAは、なんとコンデジ!でもアナログっぽさ満載です

YASHICA(ヤシカ)というカメラメーカーをご存知でしょうか。1949年の創業以来数々のヒット商品を世に送り出し、多くのカメラファンに愛されましたが、2007年に香港の企業に商標権が売却されて以降、ヤシカブランドは日本国内では姿を消していました。

そのヤシカが、クラウドファンディングサイト・GREEN FUNDINGにて往年の名機「ヤシカ エレクトロ35」のデザインを踏襲したコンパクトデジタルカメラ「YASHICA digiFilm Camera Y35」(3万1830円~ 12月6日現在)のプロジェクトを開始しました。撮影モードの切り替えを、ボタンではなくフィルムのような形のモジュールを入れ替えることで行うという、ちょっと変わったシステムを搭載したこのカメラ、見た目だけじゃなく操作感覚もアナログカメラ気分を味わえますよ。

【次ページ】巻き取りレバーやdigiFilmの入れ替えなどアナログ感満載!