もはやデジカメ!「HUAWEI P30 Pro」の4眼カメラをいち早く試してみた!

ファーウェイが3月26日に、フランス・パリで「HUAWEI P30」シリーズを発表しました。

6.47インチ画面を搭載し、10倍のハイブリッドズームに対応する4眼カメラを備える「HUAWEI P30 Pro」と、6.1インチ画面で3眼カメラを搭載する「HUAWEI P30」の2モデルです。

▲ヨーロッパでは発表と同時に発売され、価格はHUAWEI P30 Proが999ユーロ(約12万5000円)〜、HUAWEI P30は799ユーロ(約10万円)

ファーウェイの「P」シリーズは、カメラ性能とデザインをセールスポイントとする同社のフラッグシップ。2016年に発売された「HUAWEI P9」以降のモデルは、ライカとコラボレートしたカメラを搭載し、その人気に拍車をかけました。

今回発表された2モデルも、最大の魅力はカメラ。とくに上位モデルのP30 Proは、もはや “デジカメは要らないかも” と思うほどの進化を遂げていました。日本では今夏に発売されるであろう、そのP30 Proをいち早く試すことができました。実際に撮った写真も交えて、そのすごさを紹介したいと思います。

 

【次ページ】超広角から最大50倍ズームで撮れる