“取っ手のとれるティファール”が耐久性3倍に進化!

1954年に世界で初めて「こびりつかない」ふっ素樹脂加工のフライパンを発明。以後、調理器具のトップブランドであり続けたティファール。中でも1998年に発売を開始した“取っ手のとれるティファール”「インジニオ・ネオ」は、累計125万セット、3900万枚以上を売り上げる、ティファールを代表する商品だ。

20160708_tifal01

ブランド60周年の今年、その「インジニオ・ネオ」は新しいコーティングを採用し、ラインナップを一新する。強靭なチタン素材を配合したチタンコーティングで、従来の3倍という耐久性を実現。こびりつきにくさが長く続く快適な使用感で、料理もよりスピーディに。後片付けもストレスフリーで、料理の時間がより楽しくなるだろう。

20160708_tifal07

チタンコーディングの「インジニオ・ネオ」は9月発売予定。

ガス火対応:3200円~
ガス火・IH対応:5000円~

CLUB T-fal >> http://www.club.t-fal.co.jp/

(文/&GP編集部)

 

 

 

 

トップページヘ

関連するキーワード