粘着力は強めと弱めどっちが好み?ふせん張りがさらにはかどる「テープのり」

▲「プリント貼り用(ピンク)」

▲「プリント貼り用(青)」

文房具の老舗メーカー・コクヨが販売しているテープのり「ドットライナーコンパクト」は、手のひらサイズながら11m巻きと長く、さらにテープの詰め替えもできる経済性で好評を博しています。このラインナップに、5月24日から新たに「プリント貼り用」と「貼ってはがせる」の2アイテムが追加されることになりました。

「プリント貼り用」は、のりを付けて貼ってから約1分間は貼り直しが可能。時間が経つと、しっかりのり付けされるのが特長です。貼り間違いをしても紙を破いてしまうことなく、キレイに張り直すことができるので、一発でベストポジションやしわを出さずにのり付けするのが苦手な方には持ってこいのアイテムといえそう。ペーパーアートの製作など、完成時の仕上がりが求められるものでも威力を発揮します。

「貼ってはがせる」は、粘着度が弱めのテープのり。普通のメモを付箋のように使ったり、位置決めをする際の仮止めとして使ったりすることもできます。デスク周りだけでなくリビングやキッチンにあれば、食材や調味料、お菓子など袋物の口を閉じておくときに重宝しそうです。

 

▲「貼ってはがせる(黄)」

「プリント貼り用」は本体カラーが青とピンクの2色で、「貼ってはがせる」は黄色のみ。価格は両タイプとも本体が313円、詰め替え用のリフィルが227円です。

>> コクヨ「ドットライナー」

 


[関連記事]
指紋認証ならセキュリティも万全!でもこれPCじゃなくて手帳なんです

文房具もカードも全部入る!収納上手になれるスタイリッシュな栃木レザー

製作工程が知りたくなる!竹で編まれた万年筆が格式高い


(文/&GP編集部)

トップページヘ