無印良品の「仕切りスタンド」を使った“立てる収納”アイデア6選

フライパンや鍋のふたがきれいに収納できない。小さい鞄の置き場が決まらない…。そんなときは、無印良品の「アクリル仕切りスタンド 3仕切り」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

書籍を立てて収納に利用する人が多いこのアイテム、実はいろいろな活用方法があるんです。あなたならどんな使い方をしますか?

 

■分厚い書籍もきちんと収納

「アクリル仕切りスタンド 3仕切り」は、雑誌や本、書類などを整理するのに役立ちます。ブックスタンドのように、本の重さで位置がずれたり倒れたりしないため、分厚い書籍もきちんと置けるんです。

サイズは、約幅268×奥行210×高さ160mmの幅広タイプ(1490円/税込、以下同)と、幅が約133mmの幅が狭いタイプ(1190円)の2展開。収納するものによって、使い分けができます。

▲左が幅広タイプ、右が幅が狭いタイプのアクリル仕切りスタンド3仕切り。透明で目立たないため、場所を選ばず自然に使えるのがうれしい

今回は、5つのシチュエーションでアクリル仕切りスタンド3仕切りを使用してみました。

【次ページ】キッチンでもデスクでも活躍!