住居と工房がひとつになったアウトドアズマンの根城【理想のアウトドアリビングをつくる。】

町を見下ろす小高い丘からせり出した、若干古めの一軒家。しかしそこにはなんと、素晴らしい眺望と離れのアトリエ、そして裏庭まであり! そんな超掘り出し物の物件をベースとする、クリエイティブなアウトドアライフにフォーカス。

 

■3年掛けて今の状態に

お子さんが生まれたタイミングで現在の家へ移り住んだという鵜飼さん。古い賃貸物件だったが住居部分の内装はリフォーム済み。丘の斜面からせり出すような佇まいも気に入り、ほぼ即決で契約を結んだそう。

しかし今でこそアトリエとして機能する納屋は、当初は足を踏み入れるのも躊躇するほどボロボロ。裏庭には雑草・雑木が生い茂っていた。そこにイチから手を加え、3年掛けて今の状態まで仕上げた。

【次ページ】アウトドア道具の機能を自宅でも活用する