プレー後には距離が縮まる!連想ワードゲームは大人数が楽しい

ゲームは「編む」「回答」「得点」3つのステップで完了する。使うのは「紐の輪」と「糸巻」と「ワードタグ」。

まずひとつめは「編む」というステップ。これは、連想ゲームで使う言葉の組み合わせを決める作業だ。番号のついた「糸巻」を囲むように「紐の輪」を置き、囲んだ紐の輪に言葉が表示された「ワードタグ」をつける。

170113_knitwit_01

ふたつめは「回答」。糸巻を囲むワードタグに当てはまる回答を、自分の回答用紙に記入する。たとえば写真のように “生きている” と “神秘的” というワードタグが付いていたら、そのふたつの言葉の特徴を満たす言葉を考えるのだ。

170113_knitwit_02

3つめは「特典」。糸巻きごとに全員で回答を発表する。他のプレイヤーと同じ回答は無得点なので、知恵を絞りたいところ。特徴を満たしていないと思われる回答は、全員で審査! トンデモ回答には、遠慮なくツッコミを入れていきたい。

170113_knitwit_03

ウケ狙いにいくも良し、感心させるような完成度を目指すもよし。これは個性が現れそうだ!

2~8人用と少人数からプレーでき、所有時間は約15分とお手軽。家族や友達同士でもいいが、合コンや会社の同僚とやれば、プレー後はお互いの距離が縮んでいるかも!

>> ホビージャパン「ニット・ウィット」

 


[関連記事]
語彙力は関係なし!子どもも大人も盛り上がる連想しりとりカードゲーム

プレイしながらルールが変わる!超新感覚のカードゲーム

最大20人まで遊べます!脳トレにもなる世界的ヒットのカードゲーム


(文/&GP編集部)

トップページヘ