もちろんハイレゾ対応!オンキヨー初のスマホ「GRANBEAT」が2月下旬発売へ

GRANBEATは、ハイレゾ音源に対応するデジタルオーディオプレーヤー(DAP)をそのままスマホにしたような製品。

スマホとしては世界初となるヘッドホン用のフルバランス駆動回路とバランス端子を搭載しています。バランス端子対応のヘッドホン、イヤホンを接続して、さまざまな楽曲を高音質に再生可能です。

p1240892

高性能なDACとアンプを搭載しているため、ハイレゾ音源(DSD/MQA/FLAC)だけでなく、CDリッピング音源(WAV)、圧縮音源(MP3/AACなど)での高音質再生を実現します。

最近のキャリア向けモデルではハイレゾ対応が標準的になってきましたが、SIMフリーとして販売される機種ではハイレゾ対応機種はユニークな存在です。

また、音楽ストリーミングや動画、ラジオ、ゲームなどのサードパーティアプリについても、「24bitパス」を利用可能。対応アプリに関してはより高音質に楽しめます。

p1240759

より細かい部分に言及すると、Android基盤とオーディオ専用基盤がセパレートしているのも特徴。さらに、基盤内の設計にもこだわる徹底ぶりです。特に、スマホとして利用する上で発生する無線機能によるノイズ、これを抑制する目的で、専用基盤には「シールド技術(特許出願中)」が搭載されています。

ちなみに、Bluetooth経由でも「aptX HD」をサポートし、48kHz/24bitの再生が可能です。

 

(3)スマホのスペック:ミッドレンジ以上

次のページへ

関連するキーワード