製図用シャープ好きに朗報!折れないモデルがいよいよ登場

ほどよい重さや低重心設計、滑りにくいグリップなど、線を引くことに特化した製図用シャープペンシル。本来はプロが使うものですが、その使いやすさゆえにファンも多く、勉強やビジネスの場などで普段使いをする人も増えているようです。

ただ、製図用のシャープペンシルには筆圧をかけ過ぎると芯折れしやすいという弱点が。そこで、過度の筆圧による芯折れを防ぐ “セーフティスライド機構” を初めて搭載したのがプラチナ万年筆の「プロユース171」です。使用シーンに合わせて芯パイプの長さを変えられ、自分の好みの筆記感を得られる一本となっています。

【次ページ】折れないシャーペンって何?