プロカメラマンが試す「Galaxy S6 edge」カメラの実力

誰もがスマホを手にし、写真を撮る。カメラ愛好家にとっては違和感があるシーンかもしれないが、スマホのカメラ性能も侮れないという。それは本当だろうか?

そこで今回は“よく写る”と聞く「Galaxy S6 edge」のカメラ機能を実際に試すことにした。プロカメラマンの内田ユキオ氏に依頼し、実際に撮影してもらった。

特にスマホ内蔵のカメラ機能ではなく、独立したカメラとして、つまりコンデジとして考えてみたとき、どれくらいの性能があるのかをチェックしてもらうことにした。


【check1】ファーストインプレッション

最初に眼を奪われるのはモニターの美しさ!

T1042539

スーパー有機ELの美しさが素晴らしい!ガジェットとしてもそそられる

 

 

まず圧倒されるのが5.1インチ、16:9のスーパー有機ELの美しさ。ファインダーを覗く喜びがカメラにしかないものだとしたら、これだけ大きく鮮やかなモニターで画像が見られることは、このスマホならではの特長だろう。

有機ELはバックライトが必要ないためバッテリーが長持ちするメリットだけでなく、色が繊細に再現できる。基本的にはこのモニターで見たとき美しく感じられるよう画質がチューニングされているように思えた。

色が不自然に強調されておらず、細部まできっちり解像されていて、スマホのカメラにしては意外なほどのボケが得られる。夜景のように暗い条件で光源を入れて撮ると、ハイライトのメリハリがかなり強めになる。

 

【check2】使い勝手はどうか?

素早いカメラ起動で撮り逃さない!

起動が早いので決定的な瞬間も逃さない

起動が早いので決定的な瞬間も逃さない

 

ホームボタン二度押しでカメラを起動できるので、とにかく早く撮れるのが最初の驚き。普通なら画像や機能が安定するまでのタイムラグがあるのに、1秒もかからず撮影できるためストレスがない。

これだけ早いということは、パソコンでいうところのスタートアップのようにカメラ機能が待機しているのだろう。メモをとるより早い。

カメラを動かしても画像の揺れや遅延がなく、簡単に構図を決めてサッと撮れる。スマホのホームボタンを二度押したら構えてシャッターを押すだけ、このリズムはとても気持ち良かった。

デザインの特徴である本体のエッジにより、やや内側を持って構えることになるため、指がフレームに入っていないか注意が必要。とくにスマホのカメラ側(横位置のとき左手になるほう)は雑に持たないようにしたい。

手ブレしやすい夜景などは、右手は手のひらをスマホに当てるように握り、左手は上下を挟んでつまむように持ち、両手で内側に押し付けながら親指でシャッターを切るようにすると安定すると思う。

 

【check3】高度なカメラ機能はどうか?

“プロモード”で意図した撮影ができるのは驚き!

ボケあり作例

ボケ味を活かした写真も撮れる

 

感心したのはプロモード。オートではなく細かく設定できるモードとなっていて、“レンズの絞り”をイメージしたアイコンもスマート。

写真についてある程度の知識がある人だと、カメラ任せのほうがかえって撮りづらいことが多い。「明るさ」ではなく「露出補正」と表示されていて、数値が記されているほうが分かりやすいし、ISO感度、ホワイトバランスの設定も細かくできるのがありがたかった。

とくにホワイトバランスは、その場の光に合わせるだけでなく、意図的に違うモードにすることでカラーフィルターとして利用することもできる。

いつでも安定した画像が得られるオートモードと、自分の意図を反映して凝ったことができるプロモードと、上手に使い分けるのが使いこなしのポイント。

過剰とも言えるこだわりに感じるが面白かったのが、測光方式が「中央部重点測光」「分割測光」「スポット測光」の3パターンから選べること。意地悪をしてカメラが苦手そうな被写体を選んで撮っても、補正が必要なケースはほとんどなかった。

 

WB_自然光

ホワイトバランス「自然光」で撮影。雰囲気をうまく捉えられた

WB_白熱光

ホワイトバランス「白熱灯」で撮影。自然な写りで違和感がない

 

ホワイトバランスの補正はとてもよくできていて、白熱灯と自然光とふたつの条件でトマトソースのパスタを撮り比べてみたが、不自然な色の偏りがなく、どちらもきれいに再現されていた。

 

グレースケール

グレースケールで撮影。満足のいく写り

 

画素数が高いカメラの宿命として、高感度でのノイズが目立つのが一般的だが、画像処理にすぐれているため暗所や夜景の撮影でもディテールを失わない。その恩恵はグレースケール(モノクロ)で撮ったときにもよく分かる。ぜひ試してもらいたい。

 

【check4】夜景などの厳しい条件はどうか?

手持ちで撮れる強力な“手ブレ補正”は秀逸!

夜でもきれいに

夜でも手持ちでスナップできるのは魅力的

 

手ブレ補正も強力で、感度を上げることなく夜景も手持ちで撮れる。感度を上げてもノイズは自然に処理されていて、色の濁りもない。エッジの滑らかさなどには影響が出るので、なるべくなら感度は低めに設定したほうがいいだろうが、コンデジと比べても破綻はない。

最低感度のISO100で夜の撮影をすると、1/10秒以下の遅いシャッターが切れるが、手持ちでも全く問題はなかった。

画質まわりの設定を3つまでカスタム登録できるのも便利だった。たとえば毎日ランチを撮ってSNSにアップするというような人がいたら、「ホワイトバランスをオート」「露出補正を-0.2」「カラーを鮮やか」といったふうに登録しておけば、いちいちその度に設定を変える必要がない(各設定に名前が付けられたらもっと便利に使えるかもしれない)。

 

カスタムトーン

設定を操作することで、よりこだわった写真が撮れる

 

色に関してもふたつのトーンを登録できる。色温度を低く(温かみのある色になる)、彩度とコントラストを高くして、見た目ではなく心の印象に近づけるように作った設定で撮ってみた。

 

【check5】Galaxy S6 edgeはカメラの替わりになるか?

オートでも使い込んでも満足できる。スマホNo.1は本当だった!

歪曲収差

歪みがなく写るのも優れたポイント

 

スペックを見て開放F1.9というレンズの明るさと、2560×1440という画素数が、スマホなのに高性能のコンデジなみなのに驚いた。さらに実写していて感心したことがふたつある。

まず歪曲収差(まっすぐなものが曲がって撮れてしまうこと)がよく補正されていて違和感がなかったこと。もうひとつは画面の周辺まで画像が均質だったこと。無理矢理に引き上げたスペックではなく、画質と扱いやすさとのバランスで作られていて良心的だと感じた。

このクオリティなら、たしかにコンパクトカメラは不要かもしれない。スマホだからと言って侮れない、そのウワサは本当だった。オートでも、使い込んでもよく撮れるカメラ。それがGalaxy S6 edgeの魅力なのは間違いない。

Galaxy カスタマーサポートセンター
TEL.0120-363-905
(営業時間/9:00〜17:00 無休)
http://www.samsung.com/jp

(文・写真/内田ユキオ)

[profile]
内田ユキオ(カメラマン)
1966年生まれ。新潟県両津市(現在の佐渡市)出身。公務員を経てフリーカメラマンに転身。タレントやライブなどの撮影、モノクロでのスナップを手掛ける。執筆も手がけ 、カメラ雑誌や新聞に寄稿。著書に『ライカとモノクロの日々』『いつもカメラが』などがある。