食生活を見直そう!簡単カロリー管理アプリ「MyFitnessPal」を1週間使ってみた

■「MyFitnessPal」のここがイイ!

①バーコードスキャン機能で登録の手間なし

ますは「バーコードスキャン機能」。

商品に記載されているバーコードで簡単にカロリーを記録できちゃうんです。画面右上にあるバーコードマークをタップすると…。

▲ウィダーinゼリーをスキャン

カメラに切り替わり、バーコードを向けると瞬時にデータが表示されました。

品名を検索せずとも、バーコードをピッと認識するだけで、その商品のカロリーや栄養成分が記録されるのでとても便利。ただし、すべての品目のバーコードに対応しているわけではないので、反応しない場合もあります。

外食や手料理などの場合は、品名を検索して近いものを選べばOKですが、コンビニメニューの入力などにも使えます。

 

②検索機能で入力も簡単

よく食べる品目は、名前を付けて保存しておけます。

たとえば、「生姜焼き弁当」で探したら、「オリジン弁当」などの外食も選択肢にあがったので驚きました。「保存」をタップすれば、次回の入力を簡略化できます。

 

③登録できるエクササイズ項目は350種類

1日の運動量を測定するには、ポケットにスマホを入れておくだけでOK。スマホの加速度センサーで歩数を測定できるので、その日の歩数が「エクササイズ」として記録されます。

さらに、ランニングなどの有酸素運動に対応した350ものエクササイズ項目もあり、入力した運動量が計算され、食べられる残りの量が調整されます。

身体を鍛えることが目的の人は、トレーニングメニューを記録しつつ、カロリー消費量も確認できるので一石二鳥ですね。

 

■実際に使ってみた成果は?

1週間使った結果、0.4kgの減量に成功しました。目標値が、1週間に0.5kgの減量だったので、少しだけ及びませんでしたが、筆者としては満足な結果です。この調子で続ければ、1か月に-1kgも夢じゃないですね。

また、日々の食生活で、炭水化物を多めに摂取しており、脂肪とたんぱく質が足りてないという気付きもありました。実際に1週間使ってみて、手間も時間もかからなかったので、これなら何となく続けられるかもと思いました。

*  *  *

目的は、ダイエット・現状維持・筋肉をつけるために増量など人それぞれ。日々の食生活を見直すきっかけに一度使ってみてはいかがでしょうか。

 


[関連記事]
日本初上陸、ポータブルフィットネスジムでいつでもどこでも筋トレだ!

フィットネスはテレビを見ながら? いや、仕事しながらだ!

ついに出た!体脂肪率も筋肉量率も測れるフィットネストラッカー


(取材・文/中川美紗

なかがわみさ/エディター、ライター

編集プロダクション「ゴーズ」に所属。「旅」と「アート」が大好き。情報が目まぐるしくアップデートされるスマホやウェブサービスに立ち向かいながら、webメディアを中心に記事を執筆中。

 

トップページヘ