渋谷に落ち着けるカフェ発見!「café 1886 at BOSCH」

ph_02_cafe1886 at Bosch外観_01
「café 1886 at BOSCH」は、渋谷のボッシュビル1階につくられました。渋谷駅東口からわずか徒歩5分という立地にありながら、周辺は静かなオフィス街で落ち着いた雰囲気。にぎやかな渋谷周辺では珍しい「大人の居場所」となりそうです。

■新しいのに懐かしいインテリア
内装デザインは「窪田建築都市研究所」の窪田茂氏の手に寄るもの。カフェエリアは「過去」、隣接する展示エリアは「未来」を表現しています。

 

ph_03_cafe1886 at Bosch外観_02

 

カフェエリアの「過去」が示すものは、ボッシュの長い歴史です。温かみのある雰囲気の店内には、ドイツ本国から取り寄せたという年代物のプロダクトが飾られています。

 

DSC_1731

 

ちなみに店名に冠された「1886」という数字は、ロバート・ボッシュ氏がドイツ・シュトゥットガルトでボッシュを創業した年号です。ゆっくりコーヒーを飲みながら、ドイツの堅牢なものづくり文化を支えて来たボッシュの製品たちを眺めるのも一興です。

カフェスタッフのワークエプロンはファッションブランド「マーカ」の石川俊介氏の監修。ロゴは「INSENSE」阿部浩二氏のデザインです。これからご紹介するコーヒーやフードも含め、各分野の一流たちの力の結集が「café 1886 at BOSCH」の魅力のひとつです。

 

ph_06_DSC_1814

お披露目にあたりエプロンを着けてあらわれたのは、ボッシュ株式会社ウド・ヴォルツ社長。この日一番のコーヒーをお茶目な雰囲気でサーブしていました。

■銀座「トリバコーヒー」のオリジナルブレンド
この「café 1886 at BOSCH」について、一般的な“ショールームのカフェスペース”とは一線を画す実力を感じるのが、コーヒーとフードメニューです。

メニュー開発をするために、スタッフはドイツに研修旅行へ行くという念の入れよう。ドイツの伝統と日本のライフスタイルを融合させたフードメニューが生まれました。

 

ph_07_DSC_1677

コーヒーは銀座の「トリバコーヒー」がボッシュのためにブレンドした特別製。浅煎りの豆をハンドドリップで丁寧に淹れた「ライトロースト(500円)」はデキャンタで供されます。空気に触れる面積を少なくすることで、香り高さを保つことができるのだとか。

 

DSC_1679

リッチなコーヒーが好きなら深煎りの「ダークロースト(400円)」もオススメです。ジャーマンブレンドをイメージしたというコク深い味わいで、大満足の一杯です。

DSC_1693

■必食!「マルディ グラ」監修グルメサンドウィッチ
フードメニューも充実しています。とりわけ、肉料理がに定評がある銀座の名店「マルディ グラ」の和知徹氏が監修したグルメサンドウィッチは逸品です。

 

ph_10_DSC_1743

ボッシュのホームであるドイツの食文化を、フレンチのシェフである和知氏がアレンジしたもので、どっしりと食べ応えがありながら、繊細な味の組み合わせを楽しめます。

 

ph_11_グルメサンドウィッチ_イメージ
ドイツソーセージのオーバークライナーとマッシュポテト、ザウワークラウトをライブレッドで挟んだ「スラバ(850円)」、雑穀やローストオーツで作ったパンでファラファルを挟んだ「ファラフェル(700円)」、ブラートブルストをポテトブレッドで挟んだ「フランコニア(800円)」、スパイスを効かせたハムカツサンド「ウィーン(850円)」など、常時4種類が提供されるそうです。

■ホワイエエリアで楽しむ「こんなBOSCH知らなかった!」
「café 1886 at BOSCH」を訪れるなら、ぜひ楽しみたいのが隣接の展示スペース。

 

ph_12_ホワイエ内観_01

ホワイトやグレーを基調としたエリアは、ドイツ・レニンゲンにあるボッシュの最先端研修施設と同じテイストなのだとか。そこでボッシュの最先端技術を結集してつくられた製品を見ることができます。

 

DSC_1690
オープンを前にしたお披露目では、最新の国産車用高性能バッテリー「ハイテックプレミアム」や、バッテリードライバー「IXO 5型」、さらには「ボッシュ・コンパクトキッチンマシン」といった家電にいたるまで、ボッシュの幅広い技術力を感じさせる品々が展示されました。

DSC_1687

 

日本では一般的に自動車部品のブランドとして名高いボッシュですが、それ以外に工具や家電など様々なコンシューマー製品も充実しています。
ドイツのブランドらしい、頼もしさと清潔感のあるデザインの製品は、どこか男子ゴコロをくすぐる魅力がありますよね。

DSC_1754
渋谷駅からほど近く、けれど静か。落ち着いたインテリアで美味しいコーヒーが飲めるカフェ。「こんなところ欲しかった!」という声が聞こえてきそうだ。そして、テイクアウト用の容器や袋がオシャレ!

 

ph_16_DSC_1748

 

DSC_1695

カフェのロゴに加え、「BOSCH」の名前が入っているので、クルマ好きや、メカ好きの人への手土産に持って行くと一目置かれちゃうかもしれませんね。

café 1886 at BOSCH
東京都渋谷区渋谷3-6-7
・月~金 8:00-22:00(L.O. FOOD 21:00 / DRINK 21:30)
・土 11:00-22:00(L.O. FOOD 21:00 / DRINK 21:30)
・日・祝 11:00-20:00(L.O. FOOD 19:00 / DRINK 19:30)
カフェ 企画・運営:トランジットジェネラルオフィス

(取材・文/くぼきひろこ)

トップページヘ

関連するキーワード