【スズキ ジムニー試乗】極悪路も鼻歌交じりで走破!オンロードも快適な二面性が魅力

今、最も注目を集めるクルマといえば、スズキのリアルオフローダー「ジムニー」でしょう。20年ぶりにモデルチェンジを果たし、小型車規格の「ジムニーシエラ」とともにデビューした新型は、すでに納車まで1年待ちともいわれる人気ぶりです。

近年、商用モデル以外の軽自動車といえば、広くて快適、そして、ちょっと上質といった具合に、ミニバンをスケールダウンしたかのようなモデルが主流になっています。その点ジムニーはというと、険しい道を行く必要がある“プロの道具”にもなり得るほどの性能を備えており、そういう点では軽自動車のトレンドから外れた存在かもしれません。

しかし、ハードな用途にも耐える高い信頼性と走破力は、まさにオンリーワンと呼べるものであり、タフなイメージに憧れるアウトドア志向のファンたちから、絶大な支持を集めています。加えて今回のモデルチェンジでは、従来モデルを大きくしのぐ快適性や、最新の安全装備を獲得。ユーザー予備軍の期待が高まるのも当然かもしれません。

先日、待望のテストドライブがようやく叶いましたので、その実力と魅力をご報告しましょう。

【次ページ】最新の電子デバイスの恩恵で悪路だってガンガン進む