首にフィットする無印良品の「たためるネックピロー」が想像以上に快適でした

■中は低反発ウレタン!

ネックピローといえば、どうしてもかさばるところが難点でした。ペッタンコで携帯しやすく、使う時は空気を入れるタイプもありますが、徐々に空気が抜けていったりパンパンに膨らまなかったり…。携帯性と使用感を両立させるのは難しいのかなぁ、と思ったりしていました。

しかしこの無印良品の「くるくるたためるネックピロー」は、その名の通り畳めるので、そこそこ小さくなります。

これが畳んで収納袋に入れた状態。結構小さくなります。これなら、旅行先や出張先でもさほど邪魔にはならないサイズです。

収納袋から出してもさほどサイズは変わらないので、袋に入れやすい点もイイ。寝袋のように無理やり押し込んで小さくするタイプだと、片付けるのが大変なので、助かります。

では実際のモノを見てみましょう。

留めてあるボタンを外して広げると、このような状態になります。

▲中央左寄りにあるふたつのボタンは、まるめた時に留める用

左右の内部に何かあります。これは実は低反発ウレタン。ネックピローといえばクッションにも使われるような極小ビーズが入ったタイプが多かったりしますが、このネックピローは低反発ウレタンを使用。そして着けてみて分かったのですが、この低反発ウレタンが沈み込まずにしっかり首を支えてくれて、さらにフィット感も与えてくれたんです。

広げた状態から二つ折りにします。

広げた状態では薄くて大丈夫かなぁという感じでしたが、折るとボリュームが出てきて、なんだか良さげな雰囲気に。

ちなみに折った際は、2カ所のフックで広がらないように固定します。

これで完成。あとはくるっと首に巻けばOK。

4つのボタンが前に来るように巻いて固定します。これだけ見ると、首が詰まったようになるのではないかと思ったのですが、意外にも首が苦しいといったことはありませんでした。さっそく巻いてみましょう。

 

次のページへ