クラウドファンディングをリードする「Makuake」とは?


モノづくりから各種サービス、自らのアイデアをネット上でプレゼンテーションすることで、そのアイデアへの賛同者を集められる仕組みです。目標額に達成することで、集まった支援金をプロジェクトに使用することができます。また、支援者にも金額に応じたサービスが受けられるシステムになっています。

 

本サイトでも紹介した「Qrio Smart Lock」。個人や企業を問わず、幅広く独自のアイデアをプレゼンテーションし出資を募っている。

本サイトでも紹介した「Qrio Smart Lock」。個人や企業を問わず、幅広く独自のアイデアをプレゼンテーションし支援を募っている

 

クラウドファンディング事業を始めるまで

――「Makuake」事業を始めた経緯を教えてください。

中山:僕が東南アジアでベンチャーキャピタリストとして投資活動をしていたころ、使っている身の回りのモノに日本製品がないことに、ある日ふと気付きました。周りの友達も誰も使っていなくて……。

当時はベトナムにいたのですが、他の周辺の東南アジア全般にわたって、ほとんど使われていなかったんですよ。日本にいると、「世界中で日本のモノは使われているし、全ての人が喜んで使っている」みたいな雰囲気があると思いますが、実際に海外の現場に行った時に“なんか違うぞ”、と感じました。

ものすごいテクノロジーを使っている必要はないと思いますが、踏み込んだ思い切ったモノが生まれているかといえば、そうじゃない。モノを次々と生み出せるようなインフラ、仕組み、サイクルがあればいいなと思っていました。

ちょうどタイミングよく、サイバーエージェントグループとしてクラウドファンディング事業に参入するという決定が2013年の3月末にされ、「社長やらないか?」と打診がありました。そのときにピンときて、「これだ!」と。

連絡をもらった1週間から10日後には、全部引き継いで日本に帰ってきて、「サイバーエージェント・クラウドファンディング」という会社をつくりました。会社を設立したのは2013年の5月1日ですね。

――最初のメンバーを集めたときは何人くらいでしたか?

中山:最初は8人でした。案件を探してくる者、エンジニア、デザイナーなど、いろんなポジションの人間です。僕の他に役員が2人いて、開発、営業を見てもらっていました。起ち上げだったので、みんながプレイヤーのようなカタチでした。

――会社の方向性が固まってきたのはいつ頃でしょう?

中山:Makuakeを使って成功したストーリーや、「こういう使われ方は効果がある」「こういうプロジェクトはユーザーが楽しんでくれて、リピート率が高い」といったことが見えてきたのが2015年になってからです。そこに至るまでは、いろんな可能性を探っていた、という感じですね。

「ピックアッププロジェクト」や「人気ランキング」など、さまざまなプロジェクトがサイトには紹介されている。

「ピックアッププロジェクト」や「人気ランキング」など、さまざまなプロジェクトがサイトには紹介されている

 

次のページへ