2017年グッドデザイン賞発表!ベスト100で気になるプロダクト12選

10月4日、2017年のグッドデザイン賞が発表されました。1957年に通商産業省(現在の経済産業省)によって創設されたこの賞では、これまで約60年にわたり約4万4000件が優れたデザインとして選定されてきました。そして選定されたデザインには、誰もが見慣れたあの“Gマーク”を付けることが認められています。

今年も国内外1403件のデザインがグッドデザイン賞を受賞しました。それら数多くのデザインの中でも注目なのが、審査委員会から特に高く評価されたデザインに贈られる「グッドデザイン・ベスト100」です。

今年大きな話題となった「うんこ漢字ドリル」をはじめ、古墳をアイコンとして使った駅前広場「天理駅前広場コフフン」、ヤフーが銀座ソニービルに掲出した、東日本大震災の時に岩手県大船渡市で観測された最大津波16.7mの高さが分かる縦長広告「ちょうどこの高さ」など、コンセプトやグランドデザインなどの面からもデザイン性の高さが伺えるものばかりが選出されています。

とはいえ、&GPはモノメディア。やはりプロダクトが気になるところです。これまで&GPで紹介してきたプロダクトからも、いくつもベスト100に選出されています。それらを、あらためて振り返ってみたいと思います。プロダクトしても素晴らしいモノばかりなのですが、デザインという側面から見ても、どれも優れたモノばかりです。

 

【次ページ】トガッたモノから、超人気商品まで