ごはんが止まらない!新米をより美味しくする自作“ごはんのおとも”5選

ホースラディッシュあるいはレホールといえばローストビーフの薬味としてお馴染みですが、実は北海道では「ご飯のおとも」としても親しまれる存在です。

IMG_6760 (1)

それが「山わさびの醤油漬け」。自宅でも、これまた簡単に作ることができます。

IMG_6768
ホースラディッシュを買ってきて、すり下ろし、醤油で和えるだけ。

IMG_6770
少し甘みとコクが欲しい場合は味醂を足しても美味しいです。

IMG_6817

ホースラディッシュ特有の清涼感のある辛味と、そこはかとない山の香りが、ご飯を進ませます。

 


■家で作るといっぱいできるぞ!「なめたけ」

自分でつくると大変お得なご飯のおともが「なめたけ」。

IMG_6856
なめたけを愛しすぎて、瓶詰めがすぐになくなってしまう! という方、ぜひ自作してみてください。

IMG_6852
えのきだけを刻んで、醤油と味醂と一緒に火にかけるだけ。

IMG_0584
味は後からでも調整できるので、最初に入れる調味料は、キノコ全体が濡れる程度で十分です。

IMG_0585
キノコからジブジブと水分が出てきますので、好きな粘度になるまでゆっくり煮ましょう。市販のものより、あっさりと朴訥な味のなめたけができます。

 


■オーソドックス鉄火丼で行こう!「マグロの漬け」

次のページへ

関連するキーワード