セイコー ブライツの最新作は躍動感あふれる精悍フェイス

提供:セイコーウオッチ

「時を知る道具」という腕時計の本質を誠実に追求した「セイコー ブライツ」。その「デュアルタイム」モデルに精悍でスポーティなテイストの新作が登場した。ブラックにレッド、ブルーが映える色使いはアクティブな週末にもぴったり!

■多機能ソーラー電波ムーブメント搭載で人気のモデルが一段とスポーティに!

世界と仕事をするビジネスマンが毎日使う腕時計として、本当に使いやすいのはどんなモデルだろうか。

ここでご紹介する「セイコー ブライツ フライトエキスパート デュアルタイム」の最新モデルは、この問いに対する最良の答えだ。

ソーラー駆動だから定期的な電池交換は不要。そのうえ標準電波を1日に1回、自動的に受信して時刻を修正。秒単位まで正しい時刻を表示する電波修正機能を備えている(日本・中国・アメリカ・ドイツ・イギリスと、世界5つのエリア、全6局に対応)。

標準電波は波長の長い長波で、建物の中や地下街でも比較的受信しやすい。

また、6時位置にデュアルタイム専用の小文字盤を備えているので、常に知りたいもうひとつの時間帯の時刻も、ひと目でハッキリと読み取れる。

さらに、世界26都市に対応するワールドタイム機能も備えているので、電波が受信できない場合でも、その都市の時刻にリュウズ上下のボタン操作で簡単に合わせることができる。

デザイン面でも、ブラックを基調にレッド、またはブルーをアクセントにした文字盤やケース、中駒にシルバーを配した精悍でスポーティなデザインはビジネススーツはもちろん、週末のカジュアルスタイルでも存在感は抜群。

ヘアライン仕上げが美しいブレスの中駒部分に傷が付きにくい独自のダイヤシールド加工を、傷付きやすいベゼルをセラミックス製にするなど、耐久性への配慮も抜かりがない。

アクティブでスポーティ。しかも自分自身で本質を見極めてモノ選びをする。そんなあなたにこれはぴったりの1本だ。

 

セイコー
ブライツ フライトエキスパート デュアルタイム
SAGA265(青)SAGA267(赤)
価格:14万400円

ブラック硬質コーティングを施した軽量なチタンケース&カーボン調のブラックダイヤルにレッド、ブルーの差し色が映えるスポーティで精悍な1本。リュウズの差し色に金属製の別体パーツを使うなど、こだわりのディテールも魅力。ソーラー電波時計、チタンケース&ブレスレット、径43.2mm、10気圧防水

■確かな性能、使い心地、洗練されたデザイン。そのすべてが、ブライツを支持する理由――。

1.電波修正機能

▲世界5エリア、6局の標準電波に対応。日本、ヨーロッパや北米、中国の主要都市で正確な時刻を表示

※電波受信可能範囲を示す円の大きさは、目安です
※SAGZ089/091は日本、中国、北米

2.デュアルタイム(※SAGZ089/091は除く)

▲6時位置のインダイヤルは、メインの文字盤と同様に時針と分針、2本の針でもうひとつのタイムゾーンの現在時刻をハッキリと分かりやすく表示する

3.ワールドタイム機能

▲世界25のタイムゾーン、26都市に対応しているワールドタイム機能は、リュウズ上下のプッシュボタンを使って簡単に設定できる

4.ダイヤシールド

▲ブレスの中駒には「ダイヤシールド」という表面加工が施され、ステンレスをはるかに超える表面硬度を実現。傷が付きにくいのでシャープな輝きが続く

※SAGZ089/091はケース・ブレス全面に「ダイヤシールド」

5.セラミックスベゼル(※SAGZ089/091は除く)

▲都市名が記されたベゼルもセラミックス製で傷が付きにくい。またケースとの完璧な「合わせ」もこのモデルの隠れた「こだわりのディテール」のひとつ

 

よりシンプルなスタイルを好む人には、デュアルタイム表示のないモデルもある。シルバーのチタンケース&ブレスレットには傷が付きにくい「ダイヤシールド」が施されている。ソーラー電波時計、チタンケース&ブレスレット、径39.5mm、10気圧防水

▲セイコー ブライツ SAGZ089(8万1000円)

▲セイコー ブライツ SAGZ091(8万1000円)

 

 

>> セイコー ブライツ

問い合わせ先/セイコーウオッチ:0120-061-012
9:3017:30土日祝日を除く)

(撮影/江藤義典 文/渋谷康人)