トヨタのスポーツカー「GR」のご先祖!?レース仕様“ヨタハチ”が現代に甦った理由

先頃、トヨタが発表したスポーツカーの新ブランド「GR」。TOYOTA GAZOO Racingがチューニングを手掛けたスポーツモデル「ヴィッツ GRシリーズ」の試乗レポートは、先日、お伝えしましたが、会場となったサーキットには、最新のGRモデルがズラリと数十台並び、トヨタのチカラの入り具合が分かるプログラムでした。

そんなサーキットのパドックには、最新のGRモデルのほかに、1960年代に製造された3台の愛らしいヒストリックカーも展示されていました。その3台とは「パブリカ」、「スポーツ800」、そして、スポーツ800をベースとする「スポーツ800 GR CONCEPT」。

最新スポーツモデルの試乗会に姿を見せた3台のヒストリックカー。TOYOTA GAZOO Racingは、どのような意図でこれらを用意したのでしょうか?

【次ページ】後世のエンジニアに各種ノウハウを伝えるレーシング“ヨタハチ”