【日産 リーフ氷雪上試乗】“1万分の1秒”の制御とe-ペダルが、氷や雪の上でも驚異の安定性を実現!

カチカチに凍った氷上を、まずは日産「フェアレディZ NISMO(ニスモ)」で走り始めます。温度は氷点下。時折、強い風によって粉雪が舞う、かなり過酷な状況です。

Zの足下は乾いているので、意外にグリップが高い。ステアリングを切ると、キチンと反応する。せっかくなので(!?)、コーナー手前でアクセルを吹かしてリアを振り出そうとすると、途中で“VDC(ビークルダイナミクスコントロール)”が働いて、つまり、滑り出した車輪に逐次ブレーキがかかるので、曲がりたい方向へクルマのノーズが向く前に、リアのスライドが止められてしまう。ちょっと残念…。

「では!」とばかりに、VDCボタンを長押しして機能を解除すると「アラーッ!」。たちまちZはコントロールを失って、スロットルで向きを変えるところか、真っ直ぐ走るのもままならない。うーん、本当は、こんなにも滑るツルツルの路面だったのですね! 今さらながら、低μ(ミュー)路における電子デバイスのありがたさが見に染みた次第です。

【次ページ】EVは、エンジン車よりも精密な車体制御が可能!?

関連するキーワード