旬の「ポケット財布」で手ぶら宣言! ―「小さい財布」製作日記・番外編

&GP×モノグッズの「小さい財布」製作プロジェクト。最後は、フリーランスのエディター、ライターとして&GPをはじめ各種メディアで活躍中の津田昌宏さんの使用レポートです。これまで数多くの財布を紹介してきた津田さんの目に、このコラボ財布はどう映るのか、そしてどう使うのでしょうか。

*  *  *

電子マネーの普及により、グイグイ押し寄せるキャッシュレスの波。そんな大波に乗って、昨今はコンパクト財布の人気が非常に高い。財布がコンパクトになる一番のメリットは、パンツの後ろポケットに入れられること。そう、男の憧れ“手ぶらでの外出”が可能になるんです。今使っている財布がパンパンの僕にとって、これは夢のよう。

▲筆者が普段持ち歩いている財布たち。年季入ってます

▲メインの2つ折り財布はパンパンで閉まらない

財布はふたつ折りにできないほど膨らんでいて、初見の人にはたいがい驚かれます(というか引かれます)。もちろん“ケツポケ”に入るわけがありません。仕事のときはカバンを持っているからいいのですが、休日もボディバッグなしでは外出できないのが玉にキズ。

そんな折り、&GP×モノグッズのコラボで生まれた「コーデュラバリスティックナイロン1680D・ポケット財布」(5600円)の使用レポートを依頼されました。ちょうど小さめの財布が気になっていたところだし、プロジェクトを追った記事(>> [特集] 理想の財布を考えてみた)は読んでいて「ちょっといいかも」なんて思っていたので、タイミングはバッチリ! 使ってみて、良さそうなら購入してもいいかな、なんて都合のイイこと考えたりして(笑)。

【次ページ】Suicaは財布に入れたまま使えるのか?