これなら手が届く!? 500万円以内で買える新車キャンピングカー5選!

『キャンピングカー白書2018』(一般社団法人日本RV協会)によると、2017年にキャンピングカーを買った人の購入金額は、諸費用込みで400万円台がもっとも多かったそうです。

キャンピングカー白書では「キャンピングカーの大量生産によりコスト削減、パーツの品質向上などによる同一価格でのクオリティの向上のほかに、キャンピングカーが多様化し、いろいろなユーザーの声に応えられるようになった」ことが購入予算が下がっている要因のひとつと推測しています。

かつて、キャンピングカーといえば、ベッドはもちろんシンクやコンロもついていて、文字通りクルマの中でキャンプができる=暮らせるもののことを指していました。国土交通省が定めるキャンピングカーの構造要件も「車室内に居住してキャンプをすることを目的とした自動車であって、次の各号に掲げる構造上の要件を満足しているものをいう。」と定義した上で、就寝スペースや水道設備、炊事設備の要件を定めています。

しかし、現在では「もっと気軽にキャンピングカーライフを楽しめるように」と、設備を厳選して、厳密にはキャンピングカーに当てはまらない(8ナンバー登録ではない)けれど、アウトドアで存分に楽しめるモデルが増えています。

そこで今回は、2018年10月20日~21日に開催された「お台場キャンピングカーフェア2018」で、予算500万円以内でどんなキャンピングカーが買えるかを見てみました。

【次ページ】普段使いも考えたらバンコンが最適