おしゃれな折り畳み式収納ボックスにキャンプ道具を入れたら分かったその実力

<&GP編集部員が買ってみた!使ってみた!>

私事ですが、2月末に引っ越しをしました。ところが、8ヶ月経った11月になっても未だ片付かず。忙しい、モノが多い、やる気が出ない…という人間的要因もありますが、現実的な背景には「どこに収納するか問題」があります。自宅の収納スペースは限られ、すでに収納物でいっぱい。あとは視界に入る場所に荷物を置くしかないのです。

ということは“見せ収納”しか方法がない!

じゃあ、格好いい収納ボックスが必要だ!

しかも、アウトドアにも持ち出したい!

となると「無印」「ニトリ」「IKEA」の収納ボックスはちょっとテイスト違い。

「スノーピーク」のシェルフコンテナはかっこいいけどちょっとお値段が……。

「YOKA」のガレージボックスや「THOR」のハンドル付きトートボックスもオシャレ〜と思ったけど、折り畳み式がいい!

探したあげく、Amazonでちょうど具合が良さそうな収納ボックスを見つけました。

早速ポチったのは、 ベニヤの「ori-con shelf(オリコンシェルフ) 50L」(4704円/税込)!

サンドベージュのミリタリーテイストでかっこいいからというのもありますが、なんと前面とサイドがパカっと開く仕様にピンときました。これなら、スタッキングしてもそれぞれのボックスに何が入っているかひと目で分かるから、収納下手にはぴったり(のはず)!

そんな見た目で買った収納ボックスですが、果たしてその実力のほどやいかに。

どれだけ入るのか? 使い勝手はどうなのか? そしてそもそも収納ボックスを買う理由だった“見せ収納”は成立するのか? ひとまずアウトドアに行く時に収納ボックスを持っていくことが多いので、キャンプ道具を入れて検証してみました。

【次ページ】キャンプ道具はこれだけ入る!大きさを検証