ギア感が男心を鷲掴みにするアウトドアウォッチ5選 ービジネスに効くアウトドアギア特集⑤

■’70年代のサバイバルウォッチを都会的にアレンジ

セイコー
「プロスペックス フィールドマスター LOWERCASE プロデュースモデル SBEP013」(写真右)
「プロスペックス フィールドマスター LOWERCASE プロデュースモデル SBEP011」(写真左)
(共に2万8080円/税込)

数々のブランドの別注モデルを手がけるLOWERCASE・梶原由景氏プロデュースのフィールドマスターをタウンユース向けにアレンジ。耐衝撃性を高める外胴プロテクター構造を採用した20気圧防水ケースに、1973年に発売された世界初の6桁表示デジタルウォッチで使われていた数字フォントを再現。ビジネスシーンに合わせる時計は3芯のドレスウォッチが定番ですが、スーツに溶け込む落ち着いたカラーリングやクラシックなデザインのモノをチョイスすれば“あえてハズしている感”が生まれます。

>> セイコーウオッチ

 

■登山も仕事もこれひとつでスマートに

カシオ
「PRO TREK Smart WSD-F30」(6万5880円)

前モデルと比べ、大幅な小型化、薄型化を実現したことで、より普段使いしやすくなったスマートアウトドアウォッチ。スマホと連動することでメールやメッセージの受信をプッシュ通知で確認できるなど、スマートウォッチとしての役割も担います。特筆すべきは、オフラインでもカラー地図とGPS機能の利用を最大3日間使えること。出張先の見知らぬ土地でも、泊りがけの登山でも、オフラインで現在地や軌跡の確認が可能です。1/18発売予定

>> カシオ

 

■最長120時間の運動を記録できるタフなヤツ!

スント
「SUUNTO 9 BARO TITANIUM」(9万6120円)

多くのプロアスリートから定評のあるスントのスポーツウォッチ。このモデルは、特にバッテリーの駆動時間とGPSの正確さがずば抜けて優秀。GPSをオンにした状態でなんと最大120時間(ウルトラモード時)まで記録ができるんです。その際も、バッテリーが少ない状態でもGPSの精度を大幅に損なうことなく、距離と軌跡の記録ができます。スマートかつ高級感溢れるデザインなので、ビジネスシーンでも気負うことなく取り入れられそう。

>> スント

 

■頑丈&正確なGPSな高コスパスマートウォッチ

ガーミン
「Instinct Graphite」(3万5424円)

世界的なGPS機器メーカー、ガーミンが手掛けるスマートウォッチは、3軸電子コンパスと気圧高度計を内蔵し、「GPS」「GLONASS」「みちびき」「Galileo」といった複数の測位衛星に対応。GPSのみの場合と比べて電波の受信しにくい環境下でも測位を可能にしています。また、ミルスペックの高い耐熱性、耐衝撃性、耐水性を誇ります。あらゆる環境下に耐えうる頑丈さ、正確なGPSを持ち合わせたスマートウォッチが3万円台で手に入っちゃうんです。

>> ガーミン

 

■アナログの無骨な表情が男心を刺激する

シチズン
「プロマスター アルティクロン BN4044-23E」(7万1280円)

これまで紹介してきた4本とは異なり、唯一のアナログモデル。複雑な操作は一切必要なく、ワンタッチで方位、 高度を視認できます。特に高度計は海抜-300mから地球上には存在しない10000mの山頂まで計測可能。タウンユースやビジネスシーンでは縁のない機能かもしれませんが、このようなハイスペックなものや、 ゴツゴツした無骨な見た目、複雑な文字盤はまさに“男の道具”と呼ぶにふさわしい一本です。。

>> シチズン

 

>> [特集]ビジネスに効くアウトドアギア


[関連記事]
薄く軽くコンパクトなセイコー プロスペックス別注モデルが登場!

今までのモデルとは一味違う?文字盤に“ユニークな表情”が見られる新作OCEANUS

シチズン時計の100年技術はハンパなくオーバースペック!【ニッポン発の傑作モノ】


(文/K・タニヤマ 写真/松山勇樹 スタイリスト/宇田川 雄一)

トップページヘ