携帯性?打ちやすさ?iPhoneでの長文作成に役立つキーボード5選

iPhoneで使える多くのキーボードはBluetoothに対応していますが、最初にその設定をするのがよくわからなかったり、面倒に感じていたりする人もいるはず。そんな人は、上海問屋の「iPhone/iPad用Lightning有線キーボード」を使ってみませんか?

iPhoneのLightningポートにつないで使うこのキーボードなら、面倒な設定は一切不要。また、電池を使わないので、キーボードの充電切れの心配もありません。

サイズはタテ121mm×ヨコ285mm×厚さ20mm、重さは約330g。これぐらいであれば持ち運ぶのが億劫になるほどではありませんが、Lightningケーブルがやや邪魔になりやすいのがネックです。持ち運ぶ際にケーブルが断線しないように注意してください。

キーストロークは約3mm、キーピッチは約19mmと、フルサイズのキーボードとまったく同じ。文字入力自体はかなりしやすいのですが、このキーボード、実はUS配列なんです。日本語配列に慣れている人が多いと思うので、最初は慣れが必要になるでしょう。といっても、4000円を切るリーズナブルな価格なので試しやすいですよ。実売価格3999円です。

>> 上海問屋「MFi認証 iPhone/iPad用 Lightning有線キーボード」

 

iPhone用のキーボードを探してみると、やはりサイズ感と文字入力のしやすさはなかなか両立しにくいことがわかりました。しかし、持ち歩くことを考えたときの充電方式や、長文を入力するに欠かせない心地よいキータッチなどは、スペックを見てある程度のシミュレーションが可能です。自分の使い方に合ったお気に入りのキーボードを見つけてみましょう!

 


[関連記事]
重さ100g以下!スマホよりも薄くて軽いBluetoothキーボード

すごく薄い!財布感覚で持ち運べる無線キーボードで仕事がはかどる!

大きさはほぼiPhone!でも打ちやすいBluetoothキーボード


(文/今西絢美

いまにしあやみ/エディター、ライター

いまにしあやみ/エディター、ライター

編集プロダクション「ゴーズ」所属。スマートフォンなどのデジタル製品を中心に、アプリや関連サービスに関する記事をウェブや雑誌で執筆中。趣味は食べ歩きで、食にまつわるサービスや製品のチェックがライフワーク。

トップページヘ

関連するキーワード