どう使う?八角台座のワイヤレスライトは置き方も使い方も自由です

「Octagon One」のフォルムは独特。コンパクトな八角形の台座にライトを備えた長い板がついた、これまでにない画期的なデザインです。

台座部分に充電可能バッテリーを内蔵しており、完全なワイヤレス機能を実現。約3時間でフル充電が可能で、最長連続48時間使用ができます。

従来のデスクライトのように大きな台座がないうえわずらわしい配線もないので、机回りもごちゃごちゃしません。小さくてワイヤレスなのでラクラク移動でき、使わないときは片づけておけるのもうれしい点です。

台座の電源ボタンをタッチすると点灯し、タッチするたびに明るさが変化するつくりで、40~240ルーメンまで4段階の調光が可能。

八角形の台座を傾ければ何通りかの角度で設置ができるので、読書や机作業の際に下に向けて使うほか、直立に置いて壁に向け、間接照明として使うこともできます。

この高いデザイン性のデスクライトを開発したのは、英国GINGKO社。キューブ型LED時計「CubeClickClock」を世界中でヒットさせ一躍有名となったメーカーとしてご存知の人もいるかもしれません。今回は、従来のデスクライトを根本から考え直し、このオリジナリティあふれるアイテムを作り出しました。落ち着いたウォールナット調仕上げのモダンなデザインは、クリエイティブな雰囲気を味わえ、仕事も捗りそうです。

現在「Octagon One」は、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて先行予約販売中。1個35%オフの5750円よりコースが設けられており、リターン製品はプロジェクト終了後1ヶ月程度で届く予定だそう。普通のライトじゃ満足できないというあなた、ぜひプロジェクトをチェックしてみてください。

>> CAMPFIRE「Octagon One」

 


[関連記事]
軽っ!1.8kgの紙パック式キャニスター掃除機が便利です

使い道を考える前に欲しくなる!男前なペン型のマルチ工具

熱で光る電気いらずのLEDランプがなんだかロマンティック


(文/&GP編集部)

トップページヘ