当時の体重を思い出す?セガとタニタが体重計で謎のコラボ!

健康総合企業のタニタは、セガグループとコラボレーションし、往年の人気家庭用ゲーム機「メガドライブ」のデザインを忠実に再現した体組成計「メガドライブ体組成計」(6000円/税別)を、メガドライブ発売30周年の記念日にあたる10月29日に、
「ドリームキャスト」のデザインを忠実に再現した体組成計「ドリームキャスト体組成計」(6000円/税別)を、ドリームキャスト発売20周年の記念日にあたる11月27日に、それぞれ発売します。

▲(左)メガドライブ(右)「メガドライブ体組成計」

アイテムのメインターゲットは、健康を気にしつつも、なかなか手をつけられずにいる30-40代のユーザーです。ノスタルジーに浸りながらも “楽しくはかる” といった健康習慣のきっかけづくりを提案というコンセプトで生まれたアイテムなのです。

メガドライブは、セガ・エンタープライゼス(現・セガゲームス)が1988年に発売した家庭用ゲーム機。他のゲーム機に先駆けて16ビットのCPUを搭載し、その画像処理・描画能力の高さから人気を博しました。「メガドライブ体組成計」では、メガドライブのもつ立体感のあるフォルムを、本体表面に陰影をつけて描くことで再現。
パッケージは、より多くの人になじみのある発売後期のメガドライブのパッケージデザインを採用しています。

▲(左)ドリームキャスト(右)「ドリームキャスト体組成計」

ドリームキャストは、同社がセガサターンの次世代機として開発し、1998年に発売した家庭用ゲーム機。インターネット通信用のアナログモデムを標準装備しており、日本のゲーム業界に大きなインパクトを与えた存在ともいわれています。「ドリームキャスト体組成計」は、ドリームキャストのやや丸みを帯びた特徴的なデザインを再現。

当時のパッケージをオマージュしたタニタ社長・谷田千里氏のパロディー画像も必見! 遊び心あふれるパッケージも特徴となっています。つまり、湯川専務へのオマージュですね!

いずれも計測・表示項目は「体重」「体脂肪率」「BMI」「内臓脂肪レベル」。大きさは縦210×横297mm、高さ25mmで、重さは約1.4kg(電池含む)。乗るだけで電源が入り、測定者を自動で識別するため、ボタン操作をすることなく毎日手軽に健康チェックが行えます。

お子さんとの話題でも盛り上がりそうなゲームマシン体組成計。これから流行るかもしれませんね!

>> タニタ「メガドライブ体組成計」と「ドリームキャスト体組成計」

 


[関連記事]
ツッコミどころしかない!「セガハード温泉の素」ってなんだこりゃ?

セガサターン懐かし~! いえいえ、セガとタニタのコラボ体組成計です

どれ持ってた?メガドラ、サターン、ドリキャスがmicroSDになったぞ!


(文/&GP編集部)

トップページヘ