こんなチョコなら食べてみたい!中煎りコーヒー豆を混ぜた「食べるコーヒー」

Minimal(ミニマル)は知る人ぞ知るチョコレートブランド。カカオ豆の仕入れから製造まで一貫して自らでおこなう“Bean to Bar”を取り入れ、原材料にも徹底的にこだわったクラフトチョコを手掛けてます。

今回Minimalが、これまたコーヒー好きには有名な丸山珈琲とタッグを組み誕生したのが、コーヒー豆を混ぜ込んだチョコレート「‘Specialty Coffee」(1350円/税別)。チョコをつまみながらのコーヒーが最高なんだから、コーヒー豆がブレンドされたチョコも美味しいこと、間違いなしですよね。

▲チョコの裏側にも砕いたコーヒー豆がちりばめられている

原材料は極めてシンプルに、カカオ豆・コーヒー豆・砂糖。ベースのチョコはMinimalの「HIGH CACAO」。そこに丸山珈琲「インドネシア ワハナ農園」の中入りコーヒー豆を砕いてブレンドしています。

このコーヒー豆はオレンジやハーブ、スパイスの風味が特徴で、チョコとの相性は抜群! 互いの香りを引き立てあい、絶妙な味わいとなっています。

シンプルな包装もまさに「ミニマル」でキュートですよね。180枚限定なので、バレンタインギフトを探している方は急いで!

>> Minimal

 


[関連記事]
甘いのが得意じゃなくても大丈夫!コーヒー好きなら飲みたくなるスタバの新作ドリンク

まったり?爽やか?「チョコレートソーダ」の味が気になる!

コスタリカ仕込み、アメリカで大人気のチョコレートが食べてみたくなる!


(文/&GP編集部)

トップページヘ

関連するキーワード