ハイレゾで動画が撮れる!あなどれないスマホ「HTC 10」

こだわりのメタルボディが印象的

HTC 10は、同社のフラグシップモデルとなる5.2型のスマホ。フルメタルのボディは、エッジ部分が鏡面仕上げになっており、照明を当てると、背面のマット仕上げの部分とのグラデーションが美しく輝きます。中央部はそこそこ厚みがありますが、側面間際の最薄部は3mm。手にフィットするラウンドフォルムとなっています。

 

背面の光沢が美しい

背面の光沢が美しい

フレームとガラスがシームレスなデザインに

フレームとガラスがシームレスなデザインに

 

正面は、ガラスとメタルフレームの間にベゼル領域がなく、シームレスなデザインに仕上げられています。また、ディティールにもこだわっており、表面のギザギザで電源ボタンと音量ボタンを区別できます。

 

国内では3色展開

国内では3色展開

 

国内向けのバリエーションは「カメリアレッド」「カーボングレー」「トパーズゴールド」の3色。グローバルモデルにあるシルバーは発売されません。

サウンドは「ウーファー搭載」&「ハイレゾイヤホン同梱」

物理キーを配置した関係で、スピーカーが従来モデルとは異なり、下部の側面に移りました。上側のスピーカーが高音を担う「ツイーター」、下部が低音を担う「ウーファー」として機能。それぞれ専用アンプを搭載しており、迫力あるサウンドを楽しめます。ハイレゾ対応については、プロセッサーの中には24bit対応のHi-Fi DACを組み込み、192kHz/24bitまでのFLAC/WAV形式のファイルをサポートします。

 

下部スピーカーはウーファーの役割

下部スピーカーはウーファーの役割

 

国内のスマホとして初めて、ハイレゾ対応イヤホンを同梱したことも特徴です。「カメリアレッド」「カーボングレー」には黒のイヤホン、「トパーズゴールド」には白のイヤホンが同梱されます。

 

ハイレゾ対応イヤホンを同梱。チューニングも可能

ハイレゾ対応イヤホンを同梱。チューニングも可能

 

HTCによれば、人は耳の形や年齢により、聞こえやすい周波数が異なるとのこと。そこで、耳の特性にもっとも適した音質に調整できる機能が搭載されました。イヤホンを端末に接続すると、指示が表示されるので、容易にカスタマイズが可能。複数のイヤホンやヘッドホンを登録できます。「こだわり派」にはうれしいですね。

 

次のページへ

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連するキーワード