キリッと冷やした日本酒がすすむ「ホヤのバター炒め」【ソトメシのススメ】

ホヤがおいしい季節です。8月のホヤは5月頃のホヤと比べて小ぶりになっていますが、うまみが増してプリプリ。独特の香りがあるので苦手な人もいるかもしれませんが、新鮮なホヤは心地いい磯の香りたっぷりで、海をまるごと食べているかのよう。噛むとじんわり甘みが広がり、やみつき必至です。しかも日本酒との相性抜群。

ただし、鮮度が落ちると生臭く、苦みが出てきます。殻付きの新鮮なホヤが手に入ったら、まず刺身で一杯。刺身をつまみつつ、バター炒めを作って二杯、三杯…。ホヤと日本酒の海に溺れてください。

【次ページ】殻付きは新鮮の証