5999円の「Soundcore Liberty Neo」は同価格帯では敵ナシの高レベル!【イヤホンレビュー】

■装着感を高めるアクセサリー満載

さっそくパッケージを開封してみます。

Ankerは米国ブランドなのでパッケージは英語のみのグローバル仕様ですが、マニュアルは日本語を含むマルチランゲージ。といっても、日本法人アンカー・ジャパンも存在するのでサポート面の心配はありません。保証期間18ヶ月というのも安心です。

イヤホン自体は、Ankerのイヤホンの中でも小型サイズで、実測値で片側5.3g。音質に関わる部分は思いのほかこだわった仕様になっていて、最近の高音質イヤホンで流行りのグラフェン素材ドライバーを搭載しています。外からは見えませんけどね。左右ともイヤホンの外側全体が押し込み式のボタンを兼ねています。

カタチは耳の内側にピッタリとフィットするタイプで、元の作りだけでも密着感は十分。さらにこれ以外にも装着感へのこだわりっぷりがスゴイ。

イヤホンを耳に密着させるイヤーチップはXS/S/M/Lと4サイズ、イヤーウィングXS/S/M/Lも4サイズが付属していて、自分でカスタムして耳への装着感を高められる設計になっています。

僕の場合は、イヤーチップは一般的な男性向けのMサイズがジャスト。加えて大きめのイヤーウィングでガッチリとホールドさせるのが好みです。低価格のイヤホンではイヤーウィングが省かれている場合も多いなか、5999円で付属しているのはお得感があります。さらに防水性能はIPX5(防水)まで対応してるので、軽く水で洗い流せるるくらいのタフさもあります。

付属の充電用ケースは、小型かつメタリックな仕上げで高級感も十分。イヤホン本体で最大3.5時間再生、付属の充電ケースと合わせて最大12時間。余裕はないですが、このクラスのイヤホンのスペックとしては十分なレベルでしょう。

操作性は迷う所ナシ。最初のセットアップ時は、電源を入れるだけで自動でBluetoothのペアリングモードになります。イヤホンの左右どちらも1回押しで再生/停止、また左右それぞれ1秒長押しで曲戻し/曲送りに対応します。2回押しは左右どちらも音声アシスタントの呼び出しです。イヤホンで音量操作ができないのは残念なところです。

 

■繊細な歌声と重低音を両立!

ではそんな「Soundcore Liberty Neo」の音質もチェックしていきます。

宇多田ヒカルの『あなた』では、歌声、そしてピアノの音を繊細な質感とともにクッキリ鳴らします。重低音の低音の沈み込みはかなかなディープで、リズムの刻みは音圧感も伝わるほど。BrunoMarsの『24K Magic』は、とにかくズンズンと沈む重低音が圧倒的。米国ブランドらしい重低音再生と、日本の楽曲にも合う繊細さを両立させたサウンドは、5999円のイヤホンと思えない高音質。都内で何日も装着して電車で移動しても音切れがなかったので、通信も安定しています。

Ankerの新作「Soundcore Liberty Neo」、装着性を高めるアクセサリーまで怠りなく、そして5999円というお値段以上の高音質。もうこれは文句ナシのはハイコスパ。同価格帯では敵なしのオススメモデルです。2019年夏に向けて初めて完全ワイヤレスを手にする人のファーストチョイスになりそうな一台です!

>> Anker「Soundcore Liberty Neo」

 


[関連記事]
8000円台で満足な音質!意外と侮れない「Duo Free TT-BH062」【イヤホンレビュー】

連続9時間再生。フィット感・軽さ・音質、欲しいもの全て備えたBeatsのワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスの価格破壊!? 3980円の「TrueFree+」は音も接続も問題なし!【イヤホンレビュー】


(取材・文/折原一也)

トップページヘ