重視するポイント選ぶ3万円クラスの完全ワイヤレスイヤホン<機能編>

高価格帯(3万円以上)と低価格帯(5000円以下)の二極化が顕著な昨今の完全ワイヤレスイヤホン市場。いまやイヤホンは、音楽を聴くためのデバイスとしてだけでなく、オンライン会議や動画視聴、ゲームなど、使用シーンは広がり続けています。また新規参入ブランドも増加し、何を基準にどう選べばいいのか難しい状況です。そこで、オーディオビジュアルライターの折原一也さんに、高価格だからこそ失敗したくない3万円以上のハイエンドモデルから、機能と音質それぞれの目的別おすすめイヤホンをピックアップしてもらいました。[音質編はこちら

*  *  *

2022年秋も注目機種の発売が相次いた完全ワイヤレスイヤホン。アップル、Bose、ソニー、テクニクス、オーディオテクニカ、ゼンハイザーetc.と著名メーカーがハイエンド製品を投入する3万円クラスは今年注目の激戦クラス。そこで、実際にテストしたモデルの中から、注目の機能5ジャンルそれぞれで、本気の最強モデルをピックアップしました。

 

【次ページ】最も重要なのはノイキャン? それともスタミナ?

この記事のタイトルとURLをコピーする