正月太りを防ぐ! 年末年始の上手な「食べ方・飲み方」

■飲みすぎ注意! だけど飲んじゃう……
 
忘年会・新年会シーズンでお酒が増える人は、大量に、そして多種多様にアルコールを飲みがち。本来守りたい適量は「日本酒なら1合程度、ビールなら中瓶程度、ワインなら2杯弱、焼酎なら0.5合程度」です。
 
でも、お酒が好きな人がこの量を守るのは至難のワザ。その場合はおつまみの食べ方で調整しましょう。
 

太らない飲み会“3つ”のヒント

 
PP_bear のコピー

  1. 空腹感を抑えるためにおつまみを食べる!
  2. 〆のラーメン、お茶漬けは危険!
  3. ビールはカロリーオフより糖質オフ!

1おつまみを食べなければ太らない?
食事では、糖質・脂質・タンパク質の「三大栄養素」のバランスが取れていることが理想。アルコールだけだと糖質に偏ってしまいます。バランスを整える意味で、おつまみは食べた方がいいんです。
 
ただしカロリーの摂りすぎには注意が必要!
 
おつまみの食べ方のポイントは、まず油物を避けること。肉をたくさん食べる代わりに、豆腐や魚料理でタンパク質を摂るのもオススメです。野菜をとることも、もちろん大切です。

 

2飲み会後の「〆のラーメン」「お茶漬け」は?
 

アルコールの糖質にカロリーはありますが、実際の栄養にはならず、栄養学では「エンプティカロリー」と言われています。
 
アルコールを飲めば血糖値が上がり、脳は一旦満腹感を感じます。ただ栄養が空っぽなので、血糖値が下がると「お腹が空いた」と強い衝動に駆られます。それで、〆のラーメンやお茶漬けが欲しくなってしまうんです。
 
お酒とラーメンだと、糖質とカロリーの摂りすぎになります。お酒の時のおつまみで、空腹感を防ぐようにしてください。
 
また遅い時間に食べたものは体に溜まりやすく、生活習慣病の元にもなりやすい。食べ終わりの目安は21時〜22時にしてください。

 

3カロリーオフのビールは太らない?
 
同じ量なら、普通のビールよりもカロリーオフがオススメです。
 
ただし用語には注意! 例えば「糖類ゼロ」と「糖質ゼロ」は違います。「糖質」という大きなくくりの中に「糖類」が含まれています。太らないためには「糖質ゼロ」を選びましょう。

 


 

次のページへ

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連するキーワード